テーマ特集

銭湯&湯上がりスポット②

「疲労回復には黒湯」 ジョギング後に◎

丸子温泉(川崎市中原区)

2018年1月27日 神奈川新聞掲載

 そびえ立つ煙突に富士山のペンキ絵、黄色い桶(おけ)。長年、庶民の“社交場”として親しまれてきた銭湯。一年で一番寒さが厳しくなるこの季節、湯船につかって温まり、くつろいでみませんか? 湯上がりスポットとともに紹介します。(2/14)



 地下160メートルからくみ上げる天然鉱泉を使った茶褐色の「黒湯」と、水を沸かした「白湯」の湯船が2種類。鉱泉は、温度が約12度(夏場は約19度)と低く、まきとガスで沸かした熱湯を加えて約43度に調整。白湯は約41度に設定している。

黒湯

 ほぼ毎日訪れるという50代の女性客は「黒湯に入ると、体の芯まで温まるから最高よ」と笑みをこぼす。神経痛や冷え性のほか、疲労回復に良いとされ、多摩川でジョギングをした後に入浴する客も多いという。

清掃する高さん

 3代目の高宏充さん(47)は「昭和30、40年代は、銭湯の近くに料亭や旅館が点在し、そこでの仕事を終えた芸者さんがよく来てくれた。番頭さんが背中を流していたと聞いています」と振り返る。

 脱衣所には、20円を入れると現役で動く古いマッサージチェアも。懐かしい風情に心までも温まる。

おすすめの湯上がりスポット

→ 三ちゃん食堂(川崎市中原区)で湯上がりビール!


丸子温泉
住所 川崎市中原区新丸子町675
アクセス 東急東横線新丸子駅徒歩3分
電話 044(711)3378
営業時間 午後3時(土、日曜は正午)~午後10時半
定休日 金曜

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

同じテーマの記事

テーマ特集まとめ

テーマ特集まとめ一覧を見る

Instagram

@imakana777