テーマ特集

”文明開化”を味わう③

名物ぷりぷりはみ出すえび天

川崎大師 松月庵(川崎市川崎区)

2018年9月29日 神奈川新聞掲載

 明治改元から150年。開港の地・横浜で生まれ育った“文明開化の味”をはじめ、明治期に建てられた施設や創業の店などを紹介します。当時に思いをはせながら、ゆったり味わってみてはいかがでしょうか。(3/6)



【川崎大師 松月庵】4代目が受け継ぐ明治17年創業そば店

 明治17(1884)年創業のそば店。川崎大師からすぐの場所にあり、現在は4代目の須山まもるさん(60)が店を受け継いでいる。 名物は、長さ20センチを超すエビの天ぷらが載った「天ぷらそば」(1350円)。先々代から使っているという分厚い鉄製の天ぷら鍋は、保温性に優れ、大きなエビを入れても油の温度が下がらない。そのため衣はサクサク、エビはぷりぷりに揚がるのだという。

 つゆは「だし」と「かえし」を合わせたもの。江戸時代に確立された技法だ。毎朝かつお節を削ってだしを取り、かえしはしょうゆと砂糖、みりんを合わせ3週間寝かせて味をまろやかにする。そばは、そば粉8割の二八そばを貫く。

  須山まもるさん

 「そばとつゆの味のバランスが大事。かつお節やそば粉の配合を変えると、味のまとまりが悪くなる。よりおいしくしようと30年間試行錯誤して、先代が正しいと実感しました」と須山さんは晴れやかな表情で語った。

味わいました

しみじみおいしい

 ずしりと重いエビ天と、つゆが適度に絡むそばを一気に完食。ユズの皮がほのかに香るつゆを飲み、しみじみ「おいしいなぁ」と感じました。だしが効いたつゆは、かつお節を100人分で3キロほど使用しているとか。(西)


川崎大師 松月庵
住所 川崎市川崎区大師町4の37
アクセス 京急線川崎大師駅徒歩7分
電話 044(266)0458
営業時間 午前10時半~午後5時(土日・祝日は同8時)
定休日 不定休

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


同じテーマの記事

テーマ特集まとめ

テーマ特集まとめ一覧を見る

Instagram

@imakana777