週末のススメ

10月6、7、8日はコレ♡

笑顔になれる至福の5選

イマカナ編集部

2018年10月7日 更新

 週末のおでかけに役立つレジャー情報を担当編集者が厳選して、今が旬!な神奈川県内のスポット情報をお届けします。

 こんにちは♪ イマカナ編集担当の(T)、(E)です。さぁ今週も更新の時間がやって来ました!張り切っていきましょう!「(T)食欲の秋ですね」「(E)はい」「(T)横浜相鉄ジョイナスで秋のとっておきグルメが大集結してるんです」「(E)まぁ。どんなメニューがあるんでしょう」「(T)きのこのチーズロコモコとか、チキンとマッシュルームのアヒージョ、ジャンボマッシュルームのビザなんてものもあります、もう盛りだくさんですよ!!」「(E)どれも美味しそう! ってピザじゃなくてビザになってますよ」「(T)あっ (T_T)」


【横浜】旬を楽しむ究極の時間


秋を味わうJOINUSグルメ

 30日まで。横浜駅西口のショッピングセンター「ジョイナス」内の飲食店では、サケやナス、キノコなど秋の食材を使ったメニューを提供する「秋を味わうJOINUSグルメ」を開催している。

 ハワイ料理店「アンドダブルレインボー」(地下1階)は、キノコとチェダーチーズをたっぷり使い、濃厚デミグラスソースをかけた「きのこチーズロコモコ」(1490円)を、ワインダイニング「オステリア ウーヴァ・ラーラ」(地下2階)は、マッシュルームの豊かな風味を楽しめる「ジャンボマッシュルームのピッツァ」(1900円)を提供。紅茶専門店「サモアール」(同)では、オリジナルのマロンティーを使った「メイプル マロンロイヤルミルクティー」(800円)が味わえるなど、各店が秋の味覚を織り込んだ多彩なメニューを用意している。
横浜相鉄ジョイナス
住所 神奈川県横浜市西区南幸1丁目5−1
電話 045(316)3200
公式HP https://www.sotetsu-joinus.com/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


【横浜】ちょっと気になる手仕事の作品


アーツ&クラフツガーデン in 都筑民家園

 8日午前11時~午後3時。都筑民家園(横浜市営地下鉄センター北駅徒歩10分)。入場無料。食べ物からおもちゃまで、手仕事による作品が集結する展示・販売会。焼き菓子や布小物、人形、ガラスアクセサリー、段ボール工作キット、木のおもちゃ、染め物ほか。ドライフラワー作りなどワークショップ=写真=も実施する。
都筑民家園
住所 横浜市都筑区大棚西2番
アクセス 横浜市営地下鉄センター北駅徒歩10分
電話 045(594)1723
公式HP http://tminkaen.org/
備考 入場無料

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

【秦野】人生は選曲で変わる


小林沙羅 ソプラノ・リサイタル

 10月8日午後2時半。2006年に国内デビュー後、数多くのオペラやコンサートで活躍する小林沙羅=写真=の公演。出演=つのだたかし(リュート)。曲目=アイルランド民謡「サリーガーデン」、イングランド民謡「グリーンスリーブス」、ダウランド「帰っておいで、流れよ我が涙」ほか。
秦野市文化会館
住所 神奈川県秦野市平沢82
アクセス 小田急線秦野駅または渋沢駅からバスで文化会館前下車すぐ
電話 0463(81)1211
備考 2500円、学生(25歳以下)千円。未就学児の入場不可

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

【Museum Navi】画面の中の線の役割を探る

工藤甲人「樹木のうた」(1956年)

Lines(ラインズ)-線をめぐる表現 平塚市美術館

 11月25日まで。線を巡るさまざまな表現が見られる所蔵品約50点を展示し、画面の中で線がどのような役割を果たしているのかを探る。平塚市に長く居住した洋画家、工藤甲人の初期作品「樹木のうた」は、15世紀オランダの画家ボスの「快楽の園」の影響を受けたもの。立ち並ぶ木々の先端に鳥のようなくちばしがあり、不思議な印象を受ける。「画面の上の方に星座が描かれていて、それを地上の木々が背を伸ばしてつかみ取ろうとしているような、または星座に向かって歌っているような作品。星をつなぐ線や、上に向かって伸びる樹木の線を手掛かりにじっくりと鑑賞してもらえたら」と同館の江口恒明学芸員。線を巡る解釈も多様だ。
平塚市美術館
住所 神奈川県平塚市西八幡1丁目3−3
電話 0463-35-2111
公式HP http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/page14_00115.html

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

【シネマ散歩】交錯する人々の行く末


チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛

 6日から上映。黄金時代と称される17世紀のオランダを舞台に、当時2大ブームだった絵画とチューリップを狂言回しとして、絵画ファンもミステリーファンもうならせる物語が繰り広げられる。

 富豪の老商人コルネリスは、夫婦の肖像画を若手画家ヤンに依頼する。青いドレスをまとって現れた美しい若妻ソフィア=写真。カンバス越しに見つめ合うヤンとソフィアは、瞬く間に情熱的な恋に落ち、密会を重ねる。

 ソフィアとの新生活のため大金を稼ぎたいヤンは、チューリップの球根の先物取引に手を出す。希少な品種の球根1個が邸宅1軒分に相当するなど、一獲千金を狙う人々の熱狂ぶりはすさまじかった。当初は順調なヤンだったが、次第に危うい状況へ。

 ソフィアも侍女の妊娠を利用して夫をだます遠大な計画を立て、危ない橋を渡る。交錯する登場人物たちの行く末に、最後までハラハラさせられる。

 冒頭、コルネリスが、隣の部屋にたたずむソフィアを、開いたドア越しに満足げに眺めるシーンがある。フェルメールの絵そのままのようで、思わずため息が出た。

 ソフィアに「リリーのすべて」で米アカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ビキャンデル、ヤンに「アメイジング・スパイダーマン2」のデイン・デハーン。チューリップを栽培する修道院の院長にジュディ・デンチが扮(ふん)し、場を引き締める。
横浜ブルク13
住所 神奈川県横浜市中区桜木町1丁目1−7 コレットマーレ
電話 045(222)6222
公式HP http://kinezo.jp/pc/burg13

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

関連記事

Instagram

@imakana777