テーマ特集

チャーハン食べたーい⑥

かば焼きで今年の疲労回復だ!

中国料理 眞好味(伊勢原市)

2018年12月8日 神奈川新聞掲載

 中華料理の定番メニュー「チャーハン」。シンプルなものから、オムライス風、揚げた鶏肉が載った一皿まで、種類は多彩です。おいしさを求め、各地を訪ねました。(6/6)


うなぎ黒チャーハン

【中国料理 眞好味】うなぎ黒チャーハン(1500円)

 地元・伊勢原に根付いて10年余。祖父が都内で営んでいた台湾料理店の名前を受け継いで開店したという、代表の青木研吾さん(36)は、季節の食材や地場産品などを積極的に取り入れる。

 そんな同店のお薦めは、夏はもちろん、年末にかけて疲れがたまるこの時期にも食べてほしいという「うなぎ黒チャーハン」(1500円)だ。焼きギョーザや、あんかけチャーハンなどと並び、人気を集める。



 具材は卵、チャーシュー、ネギ、刻んだウナギ。調味料の中国しょうゆが、香ばしく甘みのある味わいと、ウナギのたれのような深い色味を思わせる。そこにぜいたくに載るのはウナギのかば焼きだ。


代表の青木さん

 「何か看板メニューをと思い始めました。うな重をイメージした色味や味付けは、ほかでは味わえない一品です」と青木さん。「うなぎ黒チャーハンを含む、忘年会コースも用意してお待ちしています」と笑顔で話す。

食べてみました

 ウナギとチャーハンの相性が良いことに驚き。甘みはかすかにふわりと感じるくらいで甘ったるさはない。油は少なく、調味料の水分でしっとりした食感で、女性でも食べやすい。出来上がるまで1分半ほど。強火で手際よく仕上げられる熱々のチャーハンは、やはり家では味わえないなと改めて思いました。


中国料理 眞好味
住所 伊勢原市伊勢原4の637の1
アクセス 小田急線伊勢原駅徒歩9分
電話 0463(91)8912
営業時間 午前11時半~午後2時L.O.、同5~10時L.O.
定休日 火曜休み。年内は29日まで、年始は1月4日から

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

同じテーマの記事

テーマ特集まとめ

テーマ特集まとめ一覧を見る

Instagram

@imakana777