かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 名店めぐり
  3. プチ沖縄気分が楽しめる

名店めぐり 三線と雑貨の店
プチ沖縄気分が楽しめる

  • 2016年3月31日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

宮古木工芸の三線(2万7000円から)
宮古木工芸の三線(2万7000円から)

 沖縄の伝統弦楽器「三線(さんしん)」と沖縄雑貨を扱うお店。ジュエリーショップを改装して昨年11月にオープンした。

 入門用には人工皮の三線(2万7000円)がお薦め。ケース、ばち、三線の楽譜「工工四(くんくんしー)」がセットになっている。三線はいずれも沖縄県宮古島の老舗工房「宮古木工芸」が作る本格品ばかり。


唄三線を披露する、オーナーの岩田浩之さん。三線に触れられる「無料体験」も人気だ
唄三線を披露する、オーナーの岩田浩之さん。三線に触れられる「無料体験」も人気だ

 オーナーの岩田浩之さん(43)は東京で宝石の修理や加工などの修行を重ねた。その後横須賀に戻り、2005年に今の場所でジュエリーショップを開いた。沖縄にまったく興味はなかったが、家族旅行で訪れて一転。すっかり魅了されてしまった。特に三線の音色に心をわしづかみにされたという。「三線を広めたい一心で、沖縄の店に変えちゃいました」と岩田さんは笑う。


三線や琉球ガラス、シーサーなどの沖縄雑貨が並ぶ店内
三線や琉球ガラス、シーサーなどの沖縄雑貨が並ぶ店内

 店内には琉球ガラス製品やシーサー、沖縄ならではの食料品が並び、プチ沖縄気分が楽しめる。


2015年11月にリニューアルオープン
2015年11月にリニューアルオープン

NIRAI-KANAI

住所 横須賀市大滝町2の9の18
アクセス 横須賀中央駅から徒歩5分
営業時間 午前10時~午後6時半
定休日 不定休
公式HP http://ni-ra-i-ka-na-i.com/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ