かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 名店めぐり
  3. お守りサイズも人気

名店めぐり 中津箒
お守りサイズも人気

  • 2016年6月2日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

中津箒を手にする、柳川さん
中津箒を手にする、柳川さん

 明治から昭和にかけ、ほうき作りは中津村(現愛川町)の一大産業だった。畑の二期作で小麦の後に、材料となる「ホウキモロコシ」を栽培したことから、ほうき作りが盛んになったという。

 柳川直子さん(62)は、ほうき製造の6代目。「ホウキモロコシ」の栽培から製造販売までを一貫して行う。時代の流れで衰退するほうきを後世に残そうと、2003年に工房を設立。敷地内のほうき博物館「市民蔵常右衛門」を拠点に、展示・販売や講演などを行う。工房では、長年ほうき作りをしてきた山田次郎さん(80)が若い職人に技を指導する。束ねる糸の色や細工柄など、細かい部分も「美しさ」を意識し、オーダーにも応える。


中津箒 作業風景
中津箒 作業風景

 柔らかくてこしが強く、細かい部分も掃除しやすい。パソコンの掃除などに買い求める人も多いという。「『掃き清める』という言葉から、お守りとしてミニサイズも人気です」と柳川さん。博物館の見学は無料で、世界のほうきなどを展示する。ほうき文化や新たな活用法など、ほうきを語り出したら止まらない柳川さんだ。


中津箒 小型各種
中津箒 小型各種

市民蔵常右衛門

住所 愛川町中津3687の1
アクセス 小田急線本厚木駅厚木バスセンターからバスで運輸支局入口下車7分
電話 046(286)7572
営業時間 午前10時~午後5時
定休日 月~水曜休み(祝日の場合は開館)

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ