かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 産地直売
  3. 直販にこだわり、味で勝負

産地直売 カラフルなナス
直販にこだわり、味で勝負

  • 2016年8月4日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

小沢さん
小沢さん

 丹沢の山を望む小田原・下中地区の農園。小沢園芸の小沢明人さん(39)は「露地物は新しい試みなんです」と話す。

 畝が整然と並んでいて、一見ありふれた風景のように思えた。ところが、生い茂るナスの葉をかき分けると、米ナス、「マー坊」、緑ナス、白ナスと、さまざまなナスが少しずつ栽培されており、驚く。「ラタトゥイユ(揚げびたし)にすれば、彩りのよい一品になります」と小沢さん。


さまざまな色形のナス
さまざまな色形のナス

 豊富な井戸水と牛ふん堆肥、そして培ってきた技術で、野菜の味には自信がある小沢さん。だが、野菜の需要低迷に悩んでいる。単身世帯も増え、家庭で大量の野菜を調理することはなくなった。そこで「おいしいものを少しずつなんじゃないか」と小沢さんは考えた。多品種少量栽培の畑は、現代の食卓に合わせた形なのだ。

 小沢さんは、同地で20代目と伝わる専業農家だ。父和明さんの代でミカンから転作し、キュウリのハウス栽培から野菜作りは始まった。小沢さんが就農して程なく、トマトのハウスも完成した。市場や箱根に出荷していたが、「野菜の味で売りたい」(小沢さん)と直売だけになった。


畝にいろいろな品種が栽培されている
畝にいろいろな品種が栽培されている

 旬に取材したつもりだったが、評判のトマトの収穫は終わり、キュウリも終盤という。「紫外線が強すぎるんです」と小沢さん。近年の気候変動で、遮光カーテンは欠かせなくなった。キュウリの植え付けも5月上旬と「父の代では考えられないくらい早い」と嘆く。

 それでもキュウリのハウスに入ると、夏野菜の豊かな香りでいっぱいだ。野菜本来の味と香りを大切にする、小沢さんの気持ちが伝わってきた。

★お薦め品

◇ナス各種 1袋100~170円

◇キュウリ 1袋100~170円

◇モーウイ(赤毛瓜、沖縄野菜) 1個200~250円

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ