かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 産地直売
  3. 新しい技術も積極導入

産地直売
新しい技術も積極導入

  • 2016年9月1日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

梨畑の鈴木さん
梨畑の鈴木さん

 秋の代表的な果物、梨。中でもソフトボールほどの大きさになる「新高」は贈答品としても喜ばれ、人気だ。出荷の最盛期を迎えた鈴木果樹園は、毎日忙しい。以前は稲作と養蚕が主力だったが、「江戸時代からの専業農家」と胸を張る鈴木博久さん(74)が、桑畑だった場所にブドウや梨を育て始めた。


シャインマスカット
シャインマスカット

 普段は妻の八千代さん(74)、息子の祐紀さん(46)と近所の人の手を借りてこなす農作業も、収穫時期ともなれば近所に住む4人の娘家族も手伝いに来てにぎやかだ。梨は10種類を栽培し、収穫は7月下旬から始まった。「あきづき」は今月10日ごろまで、「新高」は15日ごろまで続く。

 「新高」は、神奈川県の「長十郎」と縁がある品種といわれ、鈴木さんは「新高」の生産に力を入れている。そして「あきづき」は、県が特許を取得した「樹木の樹体ジョイント仕立て法」という栽培法を取り入れている。木と木の枝をつなげることで、枝に十分に実がなるまでの期間を10年から5年ほどに短縮。木が1列に並ぶことで、枝切りなどの作業時間の短縮が図れるという。このように、次世代に向けた新しい技術の導入にも積極的だ。しかし「作業道具や機械が進歩しても、手を掛けるべきところは変わらないよ」と鈴木さんは話し、地道な作業に精を出す。


藤稔
藤稔

 「今年は甘くてできがいいよ」と鈴木さん。自慢の梨を見る目は、とても優しい。「藤稔」「シャインマスカット」などのブドウも、同時期まで販売する。梨とともに、来園してのもぎ取りも楽しめる。宅配あり。

★お薦め品

◇新高・あきづき 1袋約2キロ1100円~

◇藤稔 1キロ1300円~

◇シャインマスカット 1キロ1900円~

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

人気タグ