かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 産地直売
  3. 発酵学びてんぺや納豆

産地直売 津久井在来大豆
発酵学びてんぺや納豆

  • 2017年2月2日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

店内の語らいスペースでほほえむご夫妻
店内の語らいスペースでほほえむご夫妻

 1882(明治15年)に造り酒屋として創業した「豊国屋」。店主の岡本政広さん(64)と妻の加代子さん(57)は酒販業の傍ら、神奈川の地大豆「津久井在来大豆」を使った加工食品の委託製造・販売に取り組んでいる。


大豆の粒を見定める岡本さん
大豆の粒を見定める岡本さん

 きっかけはある新聞記事だった。もともと食の重要性に関心があった政広さんは、発酵学の第一人者である小泉武夫さん(当時東京農業大学教授)のコラムに感銘を受け、2003年から3年間、小泉教授のオープンカレッジで体系的に発酵を学び、農業体験を積んだ。政広さんは、自分で栽培した大豆から造ったみその味に感動し、その喜びを共有したいと夫妻で地大豆の自家栽培を始めた。

 店から車で数分の距離にある畑では、毎年6月下旬から7月上旬にかけて種まきを行う。刈り取りは、豆が熟す11月ごろ。県内外の客や子どもたちを集めて収穫体験を行うなど、食育活動にも積極的だ。

 収穫後は、乾燥させたさやを丁寧にむいて、1粒1粒大豆を取り出し、選別する。「一見利益につながりにくい作業も真摯(しんし)に向き合うことで、商品のクオリティー(質)が担保される」。政広さんの言葉に力がこもる。


津久井在来大豆の蒸かし豆
津久井在来大豆の蒸かし豆

 店に並ぶ津久井在来大豆を使ったオリジナル商品は、てんぺ(インドネシア生まれの伝統食品)や納豆などの発酵食品をはじめ、きな粉、ドレッシング、菓子類など約12種類。中でも「津久井在来大豆の蒸(ふ)かし豆」(1缶135グラム437円)は、クリにも似た豆本来の甘さや香りが格別だ。水で煮るのではなく、蒸すことで栄養素と風味を封じ込めた。元造り酒屋としての伝統と知識を生かし、本業である酒販売も携わっており、石川県・能登半島の櫻田酒造と提携し生まれたオリジナル日本酒「さがみ桜」は清酒ファンにも愛されている。

 「みそ造りや酒造りには、時間と手間をかけるゆとりと熱意が不可欠。こうした食文化に触れることで、暮らしぶりや食生活を見直してほしい」。夫妻は、この店や畑から、食の安心と心の豊かさを発信し続けている。


大豆製品
大豆製品

★お薦め品

◇津久井きなこ 100グラム360円

◇津久井大豆の納豆 80グラム194円

◇津久井大豆ふく豆チョコたん(ミルク・ビター) 各50グラム388円

◇おりじなるの酒・さがみ桜 180ml237円

◇香ばしい味噌クッキー100グラム 257円

◇ソイドレ 195グラム734円


※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。価格などは変わっている場合があります。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

人気タグ