かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 産地直売
  3. サラダに合う甘いカブ

産地直売 あやめ雪
サラダに合う甘いカブ

  • 2017年2月16日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

園主の石塚さん
園主の石塚さん

 古くから親しまれてきた野菜の一つカブは、春の七草の一つ。「かぶら」とも呼ばれ、白カブ、赤カブ、聖護院大丸カブなど、大小さまざまな品種が生産されている。近年、「甘みのあるおいしいカブを」と開発された「あやめ雪」が直売所で評判だ。


あやめ雪
あやめ雪

 「今年も甘くておいしいカブに育ちました。パリッとした食感でサラダで食べるのがお薦めです」と、いしづか農園の石塚義章さん(61)は笑顔で話す。肉質が緻密で、甘みがたっぷりな「あやめ雪」は、太陽があたった首の部分が薄い紫色、根の下半分は真っ白な品種の小カブだ。

 紫色なのは表面で、果肉は白色なため、皮をむかずに調理するのが基本。熱を加えると色が抜けてしまうので、煮物には向かない。みずみずしい食感を生かし、生食としてサラダや塩漬けなどにするとおいしい。甘酢にしばらく漬けておくと、全体がほんのり桜色に染まり、見た目も楽しめる。

 同園は、藤沢市西俣野で代々続く農家。冬場は約1万1500平方メートルの敷地で2品種のカブを栽培している。しっかりと土壌を診断した上で栽培品種に合う土作りをし、有機肥料を使って育てている。特に石塚さんのカブは食べごろの鮮度が良いものを選別し、きれいな荷姿で出荷していると人気だ。

 「葉は小松菜のような味わいなので、漬物に一緒に入れたり、茎の部分と一緒にみそ汁に入れたり、炒めたりして活用してほしい」と石塚さんは話す。販売は5月初旬まで。


塩漬け
塩漬け

★お薦め品

◇カブ「あやめ雪」 1束150円

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。価格などは変わっている場合があります。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 防災食を見直して♡ 始めようローリングストック

  2. 9月14、15、16日はコレ♪ 空中散歩を楽しもう!

  3. イマカナ♡神奈川がいいね!

  4. 表情豊かな駅のベンチ⑧ 【番外編】ロマンスカーのシート

    ビナウォーク/フードコート(海老名市)

  5. 足柄梨 多くの人に届けたい

    加藤農園(小田原市)

人気タグ