かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 艦船が間近で見られる

テーマ特集 ご当地の魅力ふるさと納税①
艦船が間近で見られる

  • 2016年10月29日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 応援したい自治体に寄付をすると税金が軽減される上に返礼品として特産品などが贈られる「ふるさと納税」。県内にも魅力ある返礼品をそろえる自治体が増えています。毎年11月から12月にかけて寄付がピーク。返礼品を通じてご当地を知るのも楽しいですよ。(1/8)

 


横須賀を満喫する45分間のクルージング(提供写真)
横須賀を満喫する45分間のクルージング(提供写真)

【横須賀市】YOKOSUKA軍港めぐりペアチケット

 横須賀市では10月から寄付金額に応じたポイント制を導入し、161品目の返礼品をそろえた。千円で4ポイントを付与し、1万円以上の寄付が対象となる。

 中でも「YOKOSUKA軍港めぐり ペアチケット」は、市内に拠点を置く海上自衛隊や米海軍の艦船を間近で見ることができる日本で唯一のクルージングツアー。


停泊している護衛艦「いずも」と砕氷艦「しらせ」(提供写真)
停泊している護衛艦「いずも」と砕氷艦「しらせ」(提供写真)

 潜水艦やイージス艦、タイミングによっては砕氷艦(南極観測艦)などに遭遇できる。市財政課長の石渡修さん(50)は「横須賀ならではの記念品で、足を運んでいただくきっかけになれば」と地域の経済振興につなげたい考えだ。


JAMSTECの拠点やイベントでしか入手できない、オリジナルグッズ
JAMSTECの拠点やイベントでしか入手できない、オリジナルグッズ

 このほか、「海洋研究開発機構(JAMSTEC)オリジナルグッズセット」(68ポイント、1万7千円以上)も通常では入手困難なお薦め品だ。


横須賀市財政課

住所 神奈川県横須賀市小川町 横須賀市小川町11
電話 046(822)8276・8163
公式HP https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/1610/finas/furusato/furusato_top.html

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

【ふるさと納税の仕組み】

◆ふるさと納税 生まれ故郷など応援したい自治体に寄付すると、原則として2千円の自己負担を除いた分だけ所得税や住民税が軽減される制度。人口が多い都市部に集中する税収の分散や地域活性化を目的に、2008年に創設された。教育や環境保全、震災復興など、寄付金の使い道を指定することもできる。寄付金を支払うと半額相当の返礼品がもらえる。ただし、年収や家族構成によって控除の上限額が異なるため、注意が必要。




この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ