かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 切った状態で自宅に届く

テーマ特集 ご当地の魅力ふるさと納税③
切った状態で自宅に届く

  • 2016年10月29日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 応援したい自治体に寄付をすると税金が軽減される上に返礼品として特産品などが贈られる「ふるさと納税」。県内にも魅力ある返礼品をそろえる自治体が増えています。毎年11月から12月にかけて寄付がピーク。返礼品を通じてご当地を知るのも楽しいですよ。(3/8)


1万円刺し身セット
1万円刺し身セット

【三浦市】三崎港まぐろ プレミアムお刺身セット(大トロ・中トロ・赤身)

 三浦市は2012年度から、寄付者にマグロや地場野菜といった特産物を返礼品にする取り組みをスタートした。第1次産業が盛んな地域だけに、寄付金額が急増。とりわけマグロを扱う自治体は少ないため、全国から人気を集めている。


冬野菜セット
冬野菜セット

 返礼品は、寄付額1万、3万、5万、10万円以上の4段階で計98種類ある。一番人気は、マグロの刺し身セット。三崎港で水揚げされたメバチマグロの大トロ、中トロ、赤身の3種類を切った状態で新鮮な冷凍パックで届ける。申し込みから届くまでは約1カ月。市担当課は「マグロの尾身やほほ肉などの希少部位セットや、三浦大根など冬野菜の詰め合わせも好評です」と喜ぶ。


なりきりマーメード
なりきりマーメード

 また、市内のマリン施設で人魚姿に変身できる「なりきりマーメイドフォトプラン(まぐろ丼付き)」(12~2月は利用不可)といった変わり種も今年から用意。既に九州からの申し込みがあったという。


三浦市財政課

住所 神奈川県三浦市城山町1-1
電話 046-882-1111
公式HP http://www.city.miura.kanagawa.jp/soshiki/zaisei.html

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

【ふるさと納税の仕組み】

◆ふるさと納税 生まれ故郷など応援したい自治体に寄付すると、原則として2千円の自己負担を除いた分だけ所得税や住民税が軽減される制度。人口が多い都市部に集中する税収の分散や地域活性化を目的に、2008年に創設された。教育や環境保全、震災復興など、寄付金の使い道を指定することもできる。寄付金を支払うと半額相当の返礼品がもらえる。ただし、年収や家族構成によって控除の上限額が異なるため、注意が必要。




この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 防災食を見直して♡ 始めようローリングストック

  2. 9月14、15、16日はコレ♪ 空中散歩を楽しもう!

  3. イマカナ♡神奈川がいいね!

  4. 表情豊かな駅のベンチ⑧ 【番外編】ロマンスカーのシート

    ビナウォーク/フードコート(海老名市)

  5. 足柄梨 多くの人に届けたい

    加藤農園(小田原市)

人気タグ