かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. まるで白雪姫城 仮装してメルヘン空間へ

テーマ特集 ハロウィーン2017①
まるで白雪姫城 仮装してメルヘン空間へ

  • 2017年10月21日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 近年盛り上がりを見せる「ハロウィーン」(10月31日)をもっと楽しく。家族で、親子で、仲間や恋人とこんな過ごし方はいかが? 神奈川県内の主なハロウィーンイベントと合わせて紹介します。(1/4)


白雪姫に変身
白雪姫に変身

 グリム童話「白雪姫」をテーマにしたカフェ兼レンタルスペース。「人が集まる楽しい場所を提供したい」と、横浜市内で不動産業を営む桑島順一さん(49)が昨年12月、元町商店街にオープンした。


 眠りから覚めた白雪姫が、王子や7人の小人たちと暮らしている城をイメージした店内に足を踏み入れると、魔法の鏡や小人の家などメルヘンな空間が広がる。「お城に招かれた気分を味わえ、優雅な時間が過ごせます」。これまで撮影会や誕生会などさまざまなイベントが行われた。「ハロウィーンだからこそ、仮装して楽しんでもらいたい」。


手前はケーキにアイスクリームを添えた「リンゴの記憶」(各800円。写真は、むらさきいものタルト)。ハロウィーン期間中は、リンゴの模様がお化けカボチャのジャック・オー・ランタンに。奥は、リンゴあめ「白雪姫のスイートアップル」(500円)
手前はケーキにアイスクリームを添えた「リンゴの記憶」(各800円。写真は、むらさきいものタルト)。ハロウィーン期間中は、リンゴの模様がお化けカボチャのジャック・オー・ランタンに。奥は、リンゴあめ「白雪姫のスイートアップル」(500円)

 白雪姫をイメージしたスイーツも充実。新作「白雪姫のスイートアップル」は、リンゴあめを愛らしくアレンジしている。


セーブポイント~夢みる白雪姫~CAFE&SPACE

住所 横浜市中区元町5の196、ルネサス元町4階
アクセス JR石川町駅徒歩3分、みなとみらい線元町・中華街駅徒歩8分
電話 045(651)4525
営業時間 カフェ=正午~午後8時(月曜休み。貸し切り時は利用不可)/貸し切り=午前10時~午後10時(1時間単位、無休)
公式HP http://savepoint.space

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ