かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. かわいい!定番キャラを和菓子で繊細再現

テーマ特集 ハロウィーン2017④
かわいい!定番キャラを和菓子で繊細再現

  • 2017年10月21日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 近年盛り上がりを見せる「ハロウィーン」(10月31日)をもっと楽しく。家族で、親子で、仲間や恋人とこんな過ごし方はいかが? 神奈川県内の主なハロウィーンイベントと合わせて紹介します。(4/4)


 2代目社長の濱田誠一さん(59)が切り盛りする1956年創業の和菓子店。季節の移ろいや湘南らしさを表現し、近年はクリスマスなどの新行事にちなんだ創作菓子も評判を呼んでいる。

 5年ほど前、客の要望から誕生したのが「ハロウィンの上生菓子たち」。白あんにつなぎとして求肥(ぎゅうひ)を入れた練り切りで作る「ハロウィーンカボチャ」、不思議の国のアリスのキャラクターを模した「チャシャ猫」、羽をたたんで休んでいる様子を表現した「コウモリ」、キュートな表情の「お化け」の4種。「お客さまに役立つ和菓子作りを心掛けています。和の相談には何でも乗ります」と濱田さん。販売は31日まで。各270円。



浜田屋菓子舗

住所 茅ケ崎市若松町17の4
アクセス JR茅ケ崎駅南口徒歩15分
電話 0467(82)3609
営業時間 午前9時~午後7時
定休日 水曜休み・不定休あり

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 持つ・使う・贈る喜び 文具③ 横浜限定デザインに注目

    Smith ルミネ横浜(横浜市西区)

  2. 10連休!遊び尽くそう① 思い思いの“うんこワールド”を

  3. ホッと一息 表情豊かな駅のベンチ

  4. 表情豊かな駅のベンチ④ 「黄色いベンチ」と「背もたれサポーター」

    横浜市営地下鉄

  5. 表情豊かな駅のベンチ② 使い込まれたベンチ

    JR鶴見線 鶴見駅(横浜市鶴見区)

人気タグ