かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 法事以外でも集える場に

テーマ特集 楽しみ方いろいろ映画鑑賞⑤
法事以外でも集える場に

  • 2017年9月9日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 迫力の大画面もいいけれど、こぢんまりとした空間で個性的な映画をじっくりと楽しみたい。シネコンに押され1軒また1軒と消えていった街の映画館に代わって地域に登場した、新しいスタイルの観賞スポットを紹介します。(5/5)


【テラシネマ】本堂で開催される映画観賞会

 1622年建立の古刹(こさつ)、正蓮山(しょうれんざん)・妙泉寺(みょうせんじ)の本堂で開催される映画観賞会。仕掛け人の同寺副住職の三田村龍伸さん(36)は、「お寺が昔、地域の教育や福祉・文化の拠点であったように、法事や墓参り以外でも足を運べる場所にしたかった」と話す。

 自らの映画好きも高じ、2016年4月にスタート。月1回ほどの頻度で、主に社会問題などがテーマの作品を上映してきた。観賞後に感想を分かち合うなどし、ひとりで見るのとは違う楽しみ方ができる。

 今年6月には、自主制作映画を対象にした「海老名ジ・インディーズ映画祭2017」を主催。一般公募で集まった46作品のうち、審査で選ばれた11本を上映した。「自主制作映画は発表の場が少ない。この映画祭が、登竜門のような存在になれば」と三田村さん。次回のテラシネマは来年を予定。映画祭は2年に1度の開催を目指す。


主宰 三田村 龍伸さん

 海老名市出身。日本大学芸術学部美術学科で彫刻を専攻し、同大学院芸術学専攻博士課程修了。その経験や人脈を生かしたイベントなども寺で企画する。映画祭は約60人が来場し、監督同士や、監督と観客など貴重な交流の場となっていたのが印象的だったそう。「今後は、お寺でロケを行ってもらい、映画制作の現場から上映までを手掛けたい」とアイデアは尽きない。



テラシネマ

住所 海老名市中野1の6の5
アクセス JR相模線社家駅徒歩12分<br />
電話 三田村さん090(9305)9164
公式HP https://sites.google.com/site/myosenji1626/cinema_event/terra_cinema

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ