かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 「江ノ島たこ焼きihoiho」こぼれしらす、たこまる・・・ 〝地産地消〟意識した大玉

推し みんな大好き♡たこ焼き・お好み焼き④
「江ノ島たこ焼きihoiho」こぼれしらす、たこまる・・・ 〝地産地消〟意識した大玉

  • 2017年2月4日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 世代を超えて愛される“粉もの”料理の代表格、たこ焼き・お好み焼き。定番のソース味から甘いデザートまで変幻自在な味のバリエーションが楽しめる魅力的なグルメです。個性豊かな店や味を訪ねてみました。(4/6)


 生地に地粉をブレンドし、地元養鶏場から取り寄せる卵や地場産のネギを使うなど“地産地消”を意識した大玉たこ焼きが味わえる。

 一押しはシラスがたっぷり載った「江ノ島こぼれしらすたこ焼き」(6個入り750円)。シラスの磯の風味とネギに店オリジナルのだしが掛かり、あっさりとした味わい。江の島名物のたこせんべいにはさんだ「たこまる」(300円)、だし汁で食べる冬季限定の「わんたこ」(600円)も人気メニューだ。

【関連記事】「江の島ガラス HOOK」江の島郵便局の隣にあるガラス細工の店


たこまる
たこまる

わんたこ
わんたこ

 店主の栗原秀之さん(53)と妻の恵子さん(50)は、都内から転居し、江の島が一望できる国道134号沿いに念願の店を昨年12月オープン。「海の目の前でたこ焼き屋さんをやりたい」という子どもの頃からの恵子さんの夢を夫婦で叶えた。



江ノ島たこ焼きihoiho

住所 藤沢市片瀬海岸1の12の7、江の島ビュータワー1階
アクセス 小田急線片瀬江ノ島駅徒歩2分
電話 080(4069)5050(予約も可)
営業時間 午前11時半~午後8時
定休日 木曜(祝日は営業)

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. アフタヌーンティー 鎌倉プリンスホテルのクリスマスをモチーフにしたアフタヌーンティー

  2. 神奈川の紅葉めぐり 浄智寺(鎌倉市)の紅葉と「ひ路花」

  3. 神奈川の紅葉めぐり 県立三ツ池公園(横浜市鶴見区)の紅葉と「CAFE MITSUIKE」

  4. 神奈川の紅葉めぐり 御殿辺公園(藤沢市)と「lit:lil(リトリル)」

  5. 写真展 そごう横浜店で「富士電機写真クラブ作品展」

人気タグ