かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 小田原かまぼこ職人による「鈴廣 古今」の技学ぶ かまぼこ博物館の手作り体験プログラムが人気

テーマ特集 小田原かまぼこ③
小田原かまぼこ職人による「鈴廣 古今」の技学ぶ かまぼこ博物館の手作り体験プログラムが人気

  • 鈴廣かまぼこの里 かまぼこ博物館(小田原市)
  • 2017年11月11日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 江戸時代から続く伝統の「小田原かまぼこ」。生産者たちは、品質保持と製造技術の伝承・発展に務めるとともに、新たなファンをつくろうと、変わり種のかまぼこを提案しています。11月15日の「かまぼこの日」にちなみ、小田原かまぼこの今を紹介します。(3/7)


体験教室の様子
体験教室の様子

 昨年10月、鈴廣かまぼこが運営する「鈴廣かまぼこの里」内にリニューアルオープンした、かまぼこの誕生の歴史から素材、栄養などについて学べる「かまぼこ博物館」では、かまぼこ職人の技をガラス越しに見学できるほか、有料(要事前予約)でかまぼこやちくわ作りが体験できるプログラムも実施している。

 この日、工場で職人が手作りしているのは、板付きかまぼこの「超特選蒲鉾『古今』」シリーズ。職人による土台作り、成形、仕上げの3工程の様子を見ることができた。


 また、職人の技を間近で見ながら、自分だけのオリジナルかまぼこが作れる体験プログラムが人気。魚のすり身を板や棒に付けて完成させ、その場で出来たてのちくわや揚げかまぼこが食べられる。


鈴廣かまぼこの里 かまぼこ博物館

住所 小田原市風祭245
アクセス 箱根登山鉄道風祭駅下車2分
電話 0465(24)6262
営業時間 午前9時~午後5時

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. ぶらり♪街めぐり 海岸通り「PENNY’S DINER」ハンバーガー

    PENNY’S DINER(横浜市中区)

  2. 神奈川揚げ物6選 【台湾唐揚 横濱炸鶏排(ザージーパイ)】直径15センチ超、特有のスパイス 一口サイズも用意

    台湾唐揚 横濱炸鶏排(横浜市中区)

  3. 【神奈川で食べる栗6選】栗だけにほっこりいただく 鎌倉・モンブランスタンドのモンブラン 賞味期限はなんと2時間

  4. 【アウトドア、クルージング… 近場で非日常体験を楽しむ神奈川6選】

  5. この1年のテーマを振り返る 2020年回顧<イマカナ編集部ベスト10>

人気タグ