かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 産地直売
  3. 経験生かし絶妙な管理

産地直売 シクラメン
経験生かし絶妙な管理

  • 2017年12月7日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

相原一之さん・亜理沙さん夫妻
相原一之さん・亜理沙さん夫妻

 中井町の境地区で50年以上、花き農家を営む「境花園」。一年を通じ、さまざまな花を栽培し、現在はシクラメンとポインセチアが園内を美しく彩る。

 2代目の相原一之さん(43)は、花を購入した人が1日でも長く楽しめるようにと、長年培った感覚を頼りに、水や温度の絶妙な管理を行っている。


シクラメン
シクラメン

 シクラメンは、サクラソウ科シクラメン属の植物で、地中海が原産。通常は22度前後が育ちやすい環境だが、「一般家庭に順応できるよう、16~18度に調整して育てています」と話す。


シクラメン
シクラメン

 同園では、背丈30センチほどの一般的なシクラメンと、15センチほどのガーデンシクラメンの2サイズを扱う。花びらは、一色、斑(ふ)入り、フリンジ状など約15種類とバラエティーに富んでおり、交配も自分たちで行っている。「交配したものから種をとり、栽培し、どのような色や形になるか結果が出るまでに最低2年かかるが、オリジナル商品を育てられるのは醍醐味(だいごみ)のひとつ」と一之さん。妻で作業を手伝う亜理沙さん(35)も「新たに生まれた品種に、どんな名前を付けようか考えるのが楽しい」と、目を細める。シクラメンは12月中旬まで出荷され、春ごろまで花を楽しめる。直射日光や風を避け、10度前後の室内で管理するのがよいそう。


シクラメン
シクラメン

 また、昨年から、要望の多かったポインセチアの栽培を始めた。ポインセチアも繊細な管理が必要だが、シクラメン栽培の経験から順調にクリスマスごろまでの出荷を見込んでいる。華やかな赤や、上品な深い赤、薄いピンクや黄緑のものなど、定番から珍しい色味まで幅広く取り扱う。「室温10度を下回らないように15度以上で管理するのが理想的。今の時期は2日に1度100㏄ほどの水やりで十分」と一之さん。家庭で楽しめる美しい色の花を届けようと、相原さん夫妻の探究は続く。


ポインセチア
ポインセチア

★お薦め品

◇ポインセチア

 15センチ鉢 680円~

◇シクラメン

 15センチ鉢1500円~

 18センチ鉢3400円~

◇ガーデンシクラメン 250円~


ポインセチア
ポインセチア

ここで買える

☆境花園

 中井町境1296。小田急線秦野駅からタクシーで10分。開園時間は要問い合わせ。無休。電話0465(81)0167。

☆JAかながわ西湘農産物直売所

 朝ドレファ~ミ♪成田店

 小田原市成田650の1。小田原駅からバスで豊川支所前下車。午前9時半~午後5時。水曜休み。電話0465(39)1500。


ポインセチア
ポインセチア

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。


境花園

住所 中井町境1296
アクセス 小田急線秦野駅からタクシーで10分
電話 0465(81)0167
営業時間 開園時間は要問い合わせ
定休日 無休

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

人気タグ