かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 「海老名郷土かるた」 旧跡や文化財紹介

テーマ特集 かながわ郷土かるた②
「海老名郷土かるた」 旧跡や文化財紹介

  • 2017年12月23日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 地域に愛着を持ってもらおうと、神奈川県内各地でご当地かるたの「郷土かるた」が作られています。歴史や文化、自然など地域の姿を短文に凝縮し、魅力を伝える作品の数々を紹介します。(2/6)


 海老名市の歴史や文化に親しんでもらおうと、1977年、海老名史跡探勝会が、市内に点在する旧跡や文化財などを紹介するかるたを作った。

 読み札は、市民から募集したものを同会が編集。絵札は、市内在住絵画グループらが担当した。


 2年後、相模国分寺跡や秋葉山古墳群など、かるたに出てくる名所や史跡を巡るコースが作られ、案内板や標柱を立ててガイドマップとしての役割も果たしているという。


 このかるたをそのまま大きくした「ジャンボかるた」も作られ、大会を開いたり、希望者に無料で貸し出したりしている。縦91センチ、横76センチの頑丈な板製で、重さは1枚約2・2キロもある。広い場所はもちろん、絵札を取りに走り回る体力も必要かもしれない。

 同市教育委員会は「かるたで気軽に海老名に興味を持ち、良さを知ってほしい」と話す。

☆千円。◇販売場所・貸し出し=同市教育委員会総務課文化財係。同市ホームページから印刷し、厚紙などに貼り付けて作ることもできる。問い合わせは、同係電話046(235)4925。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ