かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 釜あげわらび餅 黒蜜からんで熱々新食感

テーマ特集 Hot Sweets②
釜あげわらび餅 黒蜜からんで熱々新食感

  • 2018年1月20日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 きょう1月20日は、一年の中で最も寒さが厳しいとされる「大寒」。心も体も温めてくれそうなスイーツで乗り切りましょう。受験を控えた皆さんは、風邪など引かないよう温まってくださいね。(2/6)


釜あげわらび餅は冬限定3月まで
釜あげわらび餅は冬限定3月まで

 川崎大師の仲見世通りで、人だかりができているテークアウト専門のわらび餅店。毎年11月から3月の冬季限定で販売する「釜あげわらび餅」(1カップ300円)にリピーターが続出している。

 餅の生地は、鹿児島県産のわらび粉や奈良県産の吉野葛(くず)などを銅釜で約1時間じっくり練り上げて作る。出来たて熱々を釜からカップによそって、きな粉と黒蜜を掛けて提供する。とろ~りとした口当たりで、香ばしいきな粉と黒蜜の上品な甘さが合わさった味わいは、まさに“口福”。10分ほどすると、ぷるんとした食感に変わるのも楽しい。


餅の生地は、鹿児島県産のわらび粉などを銅釜で約1時間じっくり練り上げて作る
餅の生地は、鹿児島県産のわらび粉などを銅釜で約1時間じっくり練り上げて作る


代表の大谷さん
代表の大谷さん

 代表の大谷茂さん(52)は「製造元ならではの出来たての新食感スイーツです。川崎大師の参拝の行き帰りに味わってください」。

代表の大谷茂さんから

 熱々を自宅で食べたいという要望に応え、持ち帰り用(500円)の販売を始めました。家族だんらんのお供にいかがですか。



大谷堂

住所 川崎市川崎区大師町4の41
アクセス 京急線川崎大師駅徒歩8分
電話 044(201)7167
営業時間 午前9時半~午後5時
定休日 無休

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

人気タグ