かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 亀焼き 国産あんの上品な甘さが後を引く

テーマ特集 Hot Sweets③
亀焼き 国産あんの上品な甘さが後を引く

  • 2018年1月20日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 きょう1月20日は、一年の中で最も寒さが厳しいとされる「大寒」。心も体も温めてくれそうなスイーツで乗り切りましょう。受験を控えた皆さんは、風邪など引かないよう温まってくださいね。(3/6)


白亀1個120円、緑亀は150円
白亀1個120円、緑亀は150円

 カメを型どった甲羅、腹部分には“亀”の文字を刻印した「亀焼き」。逗子出身で地元をこよなく愛する御所野一也さん(48)が「逗子にしかない名物を売っていきたい」と、2008年に出店。亀岡八幡宮があり、ウミガメが逗子海岸で産卵するなど、昔からカメに縁がある土地柄からカメをモチーフに決めた。


白亀の中身は赤あん
白亀の中身は赤あん

店主の御所野さん
店主の御所野さん

 材料はすべて国産で無添加にこだわる。あんは奈良県のあん専門メーカーから、皮は石川県産の有機小麦粉と茨城県産の無農薬もち米を取り寄せる。焼きたてを一つずつ丁寧に包装し、蒸らして、皮のもちもち感をより高めている。上品な甘さのあんと適度な大きさから、ついついもう一つと手が伸びる。亀焼きは3種類(白亀赤あん・白あん各120円、緑亀赤あん150円)。出来上がりまで20分かかり、1個からでも予約ができる。緑亀は1日限定20個。


できたての亀焼きを味わえるスペース
できたての亀焼きを味わえるスペース

店主の御所野一也さん

 受験生の皆さん! 受験は自立への第一歩。ウミガメにあやかって試練を乗り越え、未知の世界へ旅立ってください。



海神亀

住所 逗子市逗子1の3の8
アクセス JR逗子駅徒歩2分
電話 046(873)0652
営業時間 午前10時~午後6時(無くなり次第終了)
定休日 月曜

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 防災食を見直して♡ 始めようローリングストック

  2. 9月14、15、16日はコレ♪ 空中散歩を楽しもう!

  3. イマカナ♡神奈川がいいね!

  4. 表情豊かな駅のベンチ⑧ 【番外編】ロマンスカーのシート

    ビナウォーク/フードコート(海老名市)

  5. 足柄梨 多くの人に届けたい

    加藤農園(小田原市)

人気タグ