かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 産地直売
  3. 夏の暑さにも耐えるよう改良

産地直売 クリスマスローズ
夏の暑さにも耐えるよう改良

  • 2018年2月8日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

花光園のガーデン
花光園のガーデン

 花の少ない時期に鮮やかな彩りを見せるクリスマスローズ。イングリッシュガーデンに欠かせない花として、バラなどと肩を並べる人気の宿根草だ。ここ20年で花壇苗として注目を集めるようになった。


一重・ピンク色
一重・ピンク色

 横浜市港北区の花卉(かき)農家「花光園」では、50年以上前からクリスマスローズを扱っている。先代が「うつむき加減に咲く、控えめでかれんな姿が日本人の好みだ」と、イギリスから輸入を始めた。3代目園主の中村剛さん(63)は、「当時の値段で100万円分を仕入れたと、義父から聞いています」と話す。どこよりも先駆けて栽培を始め、現在は約30品種の苗を生産・販売している。


一重・黒
一重・黒

 剛さんは妻・淳子さん(58)との結婚を機に、クリスマスローズの世界に足を踏み入れた。農業大学で学んだ知識を生かし、試行錯誤を繰り返しながら株分けや新品種の育種生産に成功した。いかに良い苗を作るかが、今も課題という。夏の暑さにも耐えられるよう、種を一度冷蔵する独自の方法で通常より3カ月ほど早い発芽を実現させ、今では10アールの畑で年間約2万ポットを育てている。

 20年前に先代と誕生させた新品種「ミス苑香(そのか)」は、白い花弁の縁が紫色で、花の奥が濃い紫色になる一重咲き。記念に長女の名前をつけた。「思い出深い花ですね」とほほ笑む。


八重・白色のミス苑香
八重・白色のミス苑香

 8年前には親株の圃場(ほじょう)「新羽・風のガーデン」を敷地内に造成。クリスマスローズの見頃を迎える3月半ばには一般に無料開放し、サクラやモモ、トサミズキの花と一緒に、訪れる人の目を楽しませている。剛さんは「100株あれば100種類の花が咲く」と、クリスマスローズの最大の魅力を力強く話した。


一重・黄色
一重・黄色

八重・白色
八重・白色

★お薦め品

◇一重咲き1株(9センチポット) 300円

◇八重咲き1株(同) 500円

◇原種系1株(同) 400円

◇花付き1株(花の付き方やサイズで異なる) 800~1500円


※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。価格などは変わっている場合があります。


花光園

住所 横浜市港北区新羽町964の36
アクセス 横浜市営地下鉄北新横浜駅徒歩13分<br /> 駐車場あり
電話 [ファクス]045(718)5975=留守番電話の場合はメッセージを
営業時間 午前10時~午後5時 ※ガーデンの開放は午前9時~午後5時
公式HP http://kakouen.com/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ