かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 真空パックの三色ひし餅 桜餅もご一緒に

テーマ特集 ひな祭り2018②
真空パックの三色ひし餅 桜餅もご一緒に

  • 2018年2月22日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 寒い日もありますが、日ごとに春の日差しを感じる今日この頃。3月3日はもうすぐ。家で身近な場所で、ひな祭りを楽しみませんか。(2/5)


ひし餅と桜餅
ひし餅と桜餅

 1952年創業の和菓子店。店内にはひな人形が飾られ、3色のひし餅(600円)が彩りを添えている。真空パックになっているため日持ちも良く、包丁で切って、そのまま焼いて食べられるのが便利。「創業当時から変わらず新潟産のもち米を使い、同じく創業時から使い続けている杵臼でついています」と2代目の加藤利雄さん(74)は話す。

 この時季、ほとんどの人がひし餅と一緒に購入していくという桜餅(160円)は、北海道産の小豆を、小麦粉に砂糖を加えてのばした桜色の皮で包む。口に入れると、甘みと塩味、桜の葉の香りがほどよく絡む。「和菓子は季節をしのび、先取りするもの」と加藤さん。旧暦を祝う人のために、桜餅は桜が咲き散る4月上旬ごろまで販売している。ひし餅の販売は3月中旬ごろまで、無くなり次第終了。



杵若

住所 平塚市黒部丘7の16
アクセス 平塚駅南口からバスですみれ平局前下車3分
電話 0463(31)2776
営業時間 午前7時~午後7時
定休日 無休

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

人気タグ