かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 城ケ島の海に浮かぶ釣り堀でマダイを狙う

テーマ特集 春休み親子体験2018④
城ケ島の海に浮かぶ釣り堀でマダイを狙う

  • 2018年3月10日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 もうすぐ春休み。暖かくなって外出が楽しい季節になりました。親子で楽しめる屋内施設、野外施設で食べたり、作ったり、学んだり、眺めたり、飛んだり、空中滑走!?したり…。イマカナスタッフ厳選のお薦めスポットを紹介します。(4/6)


 城ケ島の岸壁から桟橋で渡れる海上に浮かぶ釣り堀。縦横30メートルの囲いで魚が泳ぐ十分なスペースがあり、天然に近い“引き”が楽しめる。2015年のオープン以来、県内外からの利用客で休日は満員になることも(定員60組)。魚はマダイやカンパチ、ヒラメなど約10種類がいけす内で泳ぎ、大きいものでは体長70センチ、重さ3~4キロのブリ(ワラサ)が釣れる。


約10種類の魚が釣れる
約10種類の魚が釣れる

 都内杉並区から息子の礼くん(9)と来場した中村仁さん(50)は「クーラーボックス一つだけで、船に乗らずに大物魚を釣れる手軽さに満足してます」と笑顔をみせる。過去5回のうち親子でマダイ8匹を釣り上げた日もあったそうだ。釣った魚はすべて持ち帰ることができ、釣れなくても1匹もらえる(魚は選べない)。


釣れたマダイを披露する中村さん親子
釣れたマダイを披露する中村さん親子

 代表の小村匠子さん(29)は「港内なので波も穏やかで、初心者でも安全に釣りができます。さらに城ケ島の観光も一緒に楽しんでもらえたら」と薦める。

 午前、午後の入れ替え制。料金は入場時間によって異なる。入場料が最大2160円(小学生以下は無料)、遊漁料(釣りざお1本分)が最大8640円。体験コースあり(1時間入場料540円、遊漁料2700円)。エサ代は別途(350~500円)。予約が望ましい。



J’sフィッシング

住所 三浦市三崎町城ケ島650の70
アクセス 京急線三崎口駅からバスで城ケ島下車1分
電話 046(854)9891
営業時間 午前9時~午後4時
定休日 火曜休み
公式HP http://js-fishing.com/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

人気タグ