かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 万平ホテル ジョン・レノンが夏を過ごす

テーマ特集 日本クラシックホテル③
万平ホテル ジョン・レノンが夏を過ごす

  • 2018年3月31日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 歴史を感じる建物と行き届いたサービスで、戦前からの伝統と格式を持つ「クラシックホテル」。横浜のホテルニューグランドや、箱根の富士屋ホテルを含む全国の老舗9ホテルが2017年11月、「日本クラシックホテルの会」(濱田賢治会長)を立ち上げました。同会加盟ホテルの魅力や、訪れた著名人との逸話を紹介します。(3/10)


 浅間山が悠々とデザインされたメインダイニングルームのステンドグラス。山裾をよく見ると、街道を行く馬やかごが描かれている。「万平ホテル」が、江戸時代には旅籠(はたご)「亀屋」だった歴史を伝える装飾だ。総支配人の山田敏彦さん(65)は「九つのクラシックホテルの中で、宿としての歴史は最も古いんです」と語る。

 中山道の宿場として栄えた軽井沢。明治以降は、標高約千メートルの冷涼な気候が西洋人に愛され、国際的な避暑地として発展していく。「亀屋」9代目の佐藤万平は、見よう見まねでパンや魚のフライの作り方を覚え、1894年、軽井沢初のホテルを創業した。ふすまで仕切った個室に大工が作ったベッドを置いてスタートした。


 木立の中にある現ホテル本館のアルプス館は1936年の建築。日光金谷ホテル(栃木県日光市)も手掛けた久米権九郎が設計。スイスの山小屋風の外観は、実は当地の養蚕農家をイメージしたとされ、和と洋が美しく調和する。


 作家池波正太郎は10代の後半、同ホテルに初めて宿泊した時の印象を「いかにも格式が高く、それでいて、若い私たちにも親切」(「よい匂(にお)いのする一夜」)とつづる。70年代後半には元ビートルズのジョン・レノンが毎夏、家族と宿泊。その客室は今も利用できる。


万平ホテル

住所 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢925
アクセス 北陸新幹線軽井沢駅からタクシーで5分。上信越道碓氷軽井沢インターチェンジから20分
電話 0267(42)1234

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ