かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 登録文化財に選定! 三角屋根の木造駅舎

テーマ特集 ユニーク駅舎②
登録文化財に選定! 三角屋根の木造駅舎

  • 2018年5月12日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 個性的なデザイン、だけど街の風景になじんでいて欠かせない存在-。そんなユニークで地元住民から親しまれている駅舎を訪ねてみました。駅近くのお薦め立ち寄りスポットも紹介。行楽シーズン、ぶらりと探索はいかが。(2/6)

【大雄山線大雄山駅】


1日の乗降人員は約5200人

 大雄山最乗寺の参詣客の利便性を図ることなどを目的とし、1925年に開業。建て替えられた際に、現在の三角屋根が特徴の木造駅舎の形となり、2012年に登録文化財に選定された。


大雄山線大雄山駅

住所 南足柄市関本592の1

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

立ち寄りスポット


お薦めは「五色だんご」足柄茶とともに堪能

【大雄山 茶屋天んぐ 仁王門本店】 

最乗寺の仁王門前で甘味や食事、「道了餅」を代表とする各種土産も扱う。お薦めはつぶあん、みたらし、梅、みそ、抹茶の団子が並ぶ「五色だんごセット」(800円)。選べる飲み物には、一番茶と二番茶の違いや、茶葉をしょうゆとかつお節で頂く足柄茶をぜひ。



大雄山 茶屋天んぐ 仁王門本店

住所 南足柄市大雄町1125の2
アクセス 大雄山線大雄山駅からバスで仁王門下車すぐ
電話 0465(74)9801
営業時間 午前10時~午後4時(ランチL.O.同2時半、甘味L.O.同3時半)
定休日 水、木曜休み

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

人気タグ