かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 小田原城で世界最古の木製管楽器を奏でる

テーマ特集 楽器を始めよう④
小田原城で世界最古の木製管楽器を奏でる

  • 2018年6月2日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 6月6日は「楽器の日」。芸事は6歳の6月6日から始めると上達するという言い伝えにちなんで制定された記念日ですが、音楽と触れ合うのに年齢は関係ありません。世代を超えて楽しめるさまざまな楽器や、楽器に親しめるスポットを紹介します。(4/6)


 オーストラリアの先住民、アボリジニに伝わる民族楽器で世界最古の木製の管楽器といわれるディジュリドゥ。「小田原でディジュリドゥを吹こうぜ」を合言葉に2003年に発足した「小田原ディジュミー」は、小田原城址公園の馬出し門付近で月に1度、ディジュリドゥを中心に、ジャンベ(アフリカの太鼓)やズルナ(西アジアの笛)など世界各地の民族楽器を持ち寄り、練習やセッションを行う“ミーティング”を行っている。


ディジュリデュ
ディジュリデュ

 「団体名は、ディジュリドゥとミーティングを掛け合わせた造語です」と代表の太田洋和さん。シロアリに食べられ中が空洞になったユーカリの木に、ペイントを施して作られるディジュリドゥは、音色や形状、色柄など、同じものが二つとないのが最大の魅力。唇の振動で音を出し、金管楽器を柔らかくしたような音色を響かせる。


 ミーティングではディジュリドゥの貸し出しも行っており、「気軽に遊びに来てください」と太田さんは呼び掛ける。

★小田原城址公園の馬出し門付近(小田原駅徒歩10分)で、毎月第1土曜午後1~5時。参加無料(雨天時などの施設利用料は参加者で負担)。



小田原ディジュミー

電話 090(1797)2240

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. マーロウ、「ドラえもん」デザインの陶器入りプリン 17日から

  2. アナゴ 【横浜・柴漁港内の食堂・小柴のどんぶりや】衣サクサク、身はふっくら 穴子丼一本盛

    小柴のどんぶりや(横浜市金沢区)

  3. 抹茶ラテのようなスイーツ「お茶一ぷく」 鎌倉五郎本店から

  4. からあげと手羽先と鶏白湯ラーメンの「鳥八三」(とりはっさん) 自家製「コンブチャ」評判

    鳥八三(横浜市港南区)

  5. 「イグドラジル ブルーイング」(平塚市)醸造所併設型パブ、量り売りで自宅でも

    イグドラジル ブルーイング(平塚市)

人気タグ