かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 産地直売
  3. 一年中イチゴ尽くし

産地直売 イチゴ
一年中イチゴ尽くし

  • 東京ストロベリーパーク(横浜市鶴見区)
  • 2018年8月30日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

イチゴ狩り施設「ストロベリーファーム」を説明する東京ストロベリーパーク副館長の海口さん
イチゴ狩り施設「ストロベリーファーム」を説明する東京ストロベリーパーク副館長の海口さん

 真っ赤に熟したイチゴのおいしさは、多くの人の笑顔を誘う。首都圏のイチゴ狩りは、冬から春にかけてシーズンを迎えるが、夏も秋も一年中楽しめる施設が今年4月、東京電力フュエル&パワーが運営する横浜火力発電所敷地内(横浜市鶴見区)にオープン。イチゴ狩りだけでなく、飲食店や土産店もある“イチゴ尽くし”のテーマパークを訪ねた。

 館内入り口。1.8メートルのイチゴのオブジェを前に足が止まる。「このオブジェは来館者に人気で、写真撮影スポットです」と話すのは副館長の海口彩夏さん(31)。壁にはイチゴのイラストも描かれ、「インスタ映え」を意識した工夫があちこちに見られる。


館内入り口のイチゴのオブジェ
館内入り口のイチゴのオブジェ

壁に描かれたイチゴのイラスト
壁に描かれたイチゴのイラスト

 まずは、お目当てのイチゴ狩り施設「ストロベリーファーム」へ。約3千平方メートルのハウス内は、地面がコンクリートで通路も広く、ベビーカーでも安心して利用できる。摘み取りがしやすい高設水耕栽培を採用しているのもうれしい。栽培しているイチゴは、酸味と甘味のバランスが良い「とちおとめ」、甘味が強い「章姫」、爽やかな風味の「よつぼし」、大粒の「UCアルビオン」の全4種類。海口さんは「ハウス内はオール電化で、エアコンとカーテンの自動開閉によって温度管理を徹底しています」と説明する。


イチゴスイーツの製造工房「イチゴラボ」で提供している「いちごスムージー」(650円)
イチゴスイーツの製造工房「イチゴラボ」で提供している「いちごスムージー」(650円)

 館内の飲食店も女性同士や子ども連れでにぎわう。イタリア料理のビュッフェレストラン「パークサイドキッチン」は、県内産の野菜をできる限り使い、ピザやパスタ、スイーツなど約40種類が90分間食べ放題。スムージーやイチゴとチョコレートの菓子などを製造・販売する「イチゴラボ」にも飲食スペースが備わっている。他にも、文具や焼き菓子などオリジナルのイチゴグッズが並ぶ土産店や、土・日曜限定でクッキー作りができるキッチンスタジオもある。

 入館は無料。各施設に利用料がかかるシステムで、イチゴ狩りとビュッフェレストラン、キッチンスタジオは予約制。その日の目的に合わせ、家族や友人らとさまざまな楽しみ方ができそうだ。


燃料・火力発電の東京電力フュエル&パワーが運営する「東京ストロベリーパーク」
燃料・火力発電の東京電力フュエル&パワーが運営する「東京ストロベリーパーク」

イチゴ狩り
イチゴ狩り

イチゴ狩り施設「ストロベリーファーム」

(30分制)=7~12月は2980円(小学生以下2480円)、1~6月は2千円(同1500円)。3歳以下は通年無料。摘み取れる品種は、その日の生育状態で変わる。


ビュッフェレストラン「パークサイドキッチン」。メニューは、季節によって変わる
ビュッフェレストラン「パークサイドキッチン」。メニューは、季節によって変わる

ビュッフェレストラン「パークサイドキッチン」

(90分制)=2100円(小学生以下1100円)、土日・祝日2500円(同1300円)、3歳以下全日無料。


東京ストロベリーパーク

住所 横浜市鶴見区大黒町11の1
アクセス JR鶴見駅東口からバスで横浜火力発電所前下車すぐ
電話 045(394)5555
営業時間 午前11時~午後4時(土日・祝日は午前10時~午後6時)
定休日 水曜休み
公式HP https://tokyo-strawberry-park.jp/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

人気タグ