かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 趣向凝らした多彩な味付けファン続出!

テーマ特集 幸せになるスパイス&ハーブ①
趣向凝らした多彩な味付けファン続出!

  • TIES charcoal&spices(横浜市)
  • 2018年8月25日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 夏バテはしていませんか? スパイス&ハーブを使って、残暑を乗り切りましょう。お手軽レシピや上手な楽しみ方を聞いたほか、おしゃれな串焼き、スイーツなど、さまざまな魅力に迫りました。(1/6)

【TIES charcoal&spices】“洋風焼き鳥”専門店


TIESお薦めの焼き鳥。左から「ささみ」「すなぎも」「はつ」「もも」「ぼんじり」「レバー」
TIESお薦めの焼き鳥。左から「ささみ」「すなぎも」「はつ」「もも」「ぼんじり」「レバー」

 スパイスとハーブ、オリーブオイルに漬け込んだ“洋風焼き鳥”の専門店。2016年のオープン以来、とりこになる人が続出している。

 毎朝仕入れる鶏肉は、新鮮な山梨県産の「信玄どり」。それぞれの部位の持ち味に合わせ、スパイスとハーブを巧みに使い分けるため、一つとして同じ味付けのものはない。人気の「レバー」(1本210円)は、半生に焼き上げたレバーをフォアグラに見立て、赤ワインとシナモンのソースをかけた。牛肉ステーキをイメージしたという「はつ」(同160円)は、甘めのバルサミコソースとよく合う。まるで、欧州の肉料理のようだが、価格は“庶民の味方”なのがうれしい。


右がオーナーの栄田宏之さん、左はスタッフの新井健太さん
右がオーナーの栄田宏之さん、左はスタッフの新井健太さん

 オーナーの栄田宏之さん(29)は、イタリアンやスペイン料理などのシェフ経験から、この焼き鳥を考案。「驚き、楽しみながら味わってください」とにこやかに勧める。

食べてみました!趣向凝らしたソースが抜群 

取材時、「ささみ」「すなぎも」「はつ」「もも」「ぼんじり」「レバー」を試食。一本一本、スパイスやハーブの調合が異なり、趣向を凝らしたソースと相性抜群。頰が緩むほどのおいしさでした。(志)



TIES charcoal&spices

住所 横浜市南区宮元町2の32の1、1階
アクセス 横浜市営地下鉄蒔田駅徒歩3分
電話 045(325)8069
営業時間 午前11時~午後3時(ランチはカレーなど4種類の日替わり料理を提供)、同6時~翌午前1時
定休日 無休
公式HP http://ties.yokohama/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


夏バテしてません?幸せになるスパイス&ハーブ

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

人気タグ