かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 週末のススメ
  3. 3連休をめいっぱい楽しむ5選

週末のススメ 9月15、16、17日はコレ♡
3連休をめいっぱい楽しむ5選

こんにちは♪ イマカナ編集担当の(T)、(E)です。さぁ今週も更新の時間がやって来ました!皆さまにとっておきの情報をお届けしましょう!

【相模原】アフリカの文化と生活に触れる


アフリカヘリテイジフェスティバルin相模原(淵野辺)2018

 

15、16日午前10時~午後9時(16日は同5時半)。アフリカの文化やライフスタイルの魅力を紹介するフェスティバル。アフリカをはじめ、世界の料理を堪能できるフードコートやライブステージ、珍しい雑貨や民芸品のバザールなどを開催。子どもも楽しめるクイズ・スタンプラリーや、本場の伝統太鼓ジャンベが体験できるワークショップも。


淵野辺公園芝生広場

住所 相模原市中央区弥栄3-1
アクセス JR淵野辺駅からバスで淵野辺公園下車1分
電話 アフリカヘリテイジコミティー042(707)1900
公式HP http://africah.web.fc2.com/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

【横浜】DJ音楽を幻想的な夜景とともに


横浜ランドマークタワー69階の展望フロア「スカイガーデン」
横浜ランドマークタワー69階の展望フロア「スカイガーデン」

MAGICALSKYGARDEN

 9月15・16日午後6~10時。横浜ランドマークタワー69階の展望フロア「スカイガーデン」の開業25周年を記念したDJイベント。日本を代表するDJの沖野修也さんと松浦俊夫さんを迎え、幻想的な夜景とともにハウスやジャズなど、さまざまなジャンルの音楽を楽しめる。ドリンクやフードのワゴン販売も行う。


スカイガーデン

住所 横浜市西区みなとみらい2丁目2-1-1
アクセス みなとみらい線みなとみらい駅徒歩3分
電話 045(222)5030
公式HP https://www.yokohama-landmark.jp/skygarden/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

【横浜】歴代のプリキュア15人が登場


「プリキュア」1作目の「ふたりはプリキュア」ら
「プリキュア」1作目の「ふたりはプリキュア」ら

プリキュア15周年企画 ダンススペシャルステージ

 16日午前11時、グランモール公園・美術の広場/午後2時と3時半、ランドマークプラザ1階サカタのタネガーデンスクエア。女児向けの人気アニメシリーズ「プリキュア」1作目の「ふたりはプリキュア」から、最新シリーズ「HUGっと!プリキュア」までの歴代プリキュア15人が登場。大学生ダンスチームと楽しいステージを披露する。

出演=関東学院大学よさこいソーランサークル「誇咲(ほこさき)」、同大学チアダンス部Fits、横浜国立大学モダンダンス部。

各会場のキッズエリアはランドマークプラザ3階で午前8時半から整理券を配布(12歳以下と同伴者各1人)。


グランモール公園・美術の広場ほか

住所 横浜市西区みなとみらい3
アクセス みなとみらい線みなとみらい駅徒歩3分
電話 横浜アーツフェスティバル実行委員会事務局045(663)1365
公式HP https://dance-yokohama.jp/eventprogram/008_27/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

【Museum Navi】ユーモアや不気味さ感じる世界


中園孔二「Untitled」(2012年、©Koji Nakazono,Courtesy of Tomio Koyama Gallery)
中園孔二「Untitled」(2012年、©Koji Nakazono,Courtesy of Tomio Koyama Gallery)

中園孔二展 外縁-見てみたかった景色 横須賀美術館

 30日まで。2015年、25歳の若さで亡くなった画家、中園孔二の美術館における初個展。四国の海で事故に遭ったという。短い創作期間で残した500点余りから、クレヨンや油彩の他、指を使ったり、絵の具のチューブを画面に直接付けたりと、多種多彩な画法と画題に挑んだ約50点が並ぶ。横浜市出身で、東京芸大在学中には、横須賀市内にある倉庫兼アトリエで制作した。かつて、絵を描く動機について「出来上がる表面はばらばらに見えますが、全て自分の見てみたかった景色です」と語っていたという。原初のエネルギーを秘め、ユーモアや不気味さを感じさせる豊かな世界を堪能できる。


横須賀美術館

住所 神奈川県横須賀市鴨居4丁目1
電話 046(845)1211
営業時間 午前10~午後6時
定休日 第1月曜日(ただし祝日の場合は開館)
公式HP http://www.yokosuka-moa.jp/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

【シネマ散歩】奨励会員の悲哀伝わる


泣き虫しょったんの奇跡

 将棋のプロ棋士になるには、養成機関である日本将棋連盟の「奨励会」を卒業して「四段」になるしかない。年齢制限を迎えて退会になれば、もう一生棋士にはなれないのである。将棋界では常識以前ともいえるそのルールを覆した青年の奇跡を描く。

 中学生日本一になり、奨励会に入った瀬川晶司(松田龍平)=写真=は、プロ目前の三段まで進んだが、26歳の年齢制限で夢破れた。その後はアマチュアとして活躍し、アマ名人に。

 そして招待されて出場したプロ棋戦で好成績を残すと、周囲の後押しを受けてプロ入りを切望する。61年ぶりのプロ編入試験開催にこぎ着け、合格。サラリーマンからプロ棋士誕生となり、棋界の歴史を動かした。

 

瀬川自身が「自分の役にはかっこよすぎる」と評する松田が、徐々に瀬川そっくりに見えてくる。「三段リーグ」で苦しむあたりはリアルな表情がうかがえ、奨励会員の悲哀が伝わる。

 監督は奨励会に在籍した経験を持つ豊田利晃。それだけに対局シーンは迫力に満ちていた。奨励会の風景などは現実とそっくりだ。

 藤井聡太七段(16)の活躍や、加藤一二三・九段(78)の伝説など華やかな話題から将棋に興味を持った人も多いだろう。しかし勝者の数だけ敗者がいる世界である。大注目だった編入試験の場面より、勝負の残酷な部分の描写に心打たれた。


TOHOシネマズららぽーと横浜

住所 神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-1 ららぽーと横浜3F
アクセス JR鴨居駅徒歩7分
電話 050(6868)5046
公式HP https://www.tohotheater.jp/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

人気タグ