かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 素材のうま味が凝縮♡イランの家庭料理ゴルメサブジ

テーマ特集 世界で愛される豆料理⑤
素材のうま味が凝縮♡イランの家庭料理ゴルメサブジ

  • CASPIAN(横浜市鶴見区)
  • 2018年10月13日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 10月13日は「豆の日」。豆は、良質のタンパク質やビタミン類を多く含み、昔から世界中で食べられてきました。県内で味わえる各国の豆料理のほか、食卓への取り入れ方などを紹介します。この機会に、豆の魅力を再発見してみませんか。(5/5)

【RESTAURANT BAR CASPIAN】本場イランの味を提供


前列右は「ゴルメサブジ」、同左は「フムス」、奥右は「サラダの一例」、同中央は「サフランライス」、同左は「ナン」
前列右は「ゴルメサブジ」、同左は「フムス」、奥右は「サラダの一例」、同中央は「サフランライス」、同左は「ナン」

 豆や野菜をたっぷり使い、塩やこしょうでシンプルに味付けする本格ペルシャ(イラン)料理を提供し、評判を呼んでいる。

 腕を振るうのは、イラン出身のマリヤムさん(40)とマスードさん(34)。食材となる多彩な豆は、現地から取り寄せ、「豆の煮込み料理」や「豆のスープ」など日替わりの豆料理を手間暇かけて作り上げる。


イラン出身のシェフ・マリヤムさん(左)とマス-ドさん(右)。二人は共同経営者
イラン出身のシェフ・マリヤムさん(左)とマス-ドさん(右)。二人は共同経営者

 この日の「豆の煮込み料理」は、黒目豆にホウレンソウやニラなど10種類の野菜、骨付きラム肉を入れた「ゴルメサブジ」(1620円)という代表的な家庭料理。じっくり4時間かけ煮込むだけあって、素材のうま味がスープに凝縮し、ヘルシーな仕上がり。ヒヨコ豆やゴマなどをペースト状にした「フムス」(864円)は、スパイシーでお酒が進む。

 マリヤムさんは「だしを効かせたペルシャ料理は、日本人に好まれる味が多いです。『ハラル』対応もしています」と笑顔で話す。

癖になりそうな味と香り

 「ゴルメサブジ」に入った豆はホクホクで、ラム肉はとてもやわらか。野菜が溶け込み、緑色をしたスープは、初めての味と香りでしたが、不思議と癖になります。「フムス」は口当たりまろやかで、濃厚なこくとスパイシーさが絶妙でした。(志)



RESTAURANT BAR CASPIAN

住所 横浜市鶴見区東寺尾4の7の14、ペルシャビル1階
アクセス 京急線生麦駅徒歩10分
電話 045(583)0708
営業時間 月、水曜午後5~11時、木~日曜午前11時~午後3時・同5~11時
定休日 火曜休み
公式HP http://www.caspian.jp.net/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


10月13日は「豆の日」世界で愛される豆料理

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ