かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 週末のススメ
  3. 秋にぴったりスポット5選

週末のススメ 11月3、4日はコレ♡
秋にぴったりスポット5選

 こんにちは♪ イマカナ編集担当の(T)、(E)です。

「(T)米ロサンゼルス発の人気ハンバーガーレストランが、みなとみらい21地区に上陸です!」「(E)ハンバーガーをオリジナルソースにくぐらせていただくそうですよ」「(T)想像するだけで幸せな気分になりますネ♡」「(E)現在イマカナでは、インスタキャンペーンの第2弾『絶品バーガーを探せ』を開催中ですし、これは行かねば!」「(T)ですね!」「(T)(E)それでは今週のとっておき情報です。どうぞ!」

【横浜】米ロス発の人気ハンバーガー上陸


ザ・ディップ
ザ・ディップ

UMAMI BURGER みなとみらい店

 米ロサンゼルス発の人気ハンバーガーレストラン「UMAMI BURGER」が、みなとみらい21地区に9月22日オープン。国内では東京・青山に続く2店舗目となる。

 店名の「UMAMI」は、日本語の「うま味」に由来。具材にキノコを取り入れたり、コンブやしょうゆなどを調合して作ったオリジナルソースを使うなどして、うま味を引き出したハンバーガーを提供している。みなとみらい店限定メニュー「ザ・ディップ」(1706円)は、粗びきの牛肉パテのほか、ソテーしてうま味を閉じ込めたマッシュルームやとろとろに溶けたチェダーチーズなどを挟んだハンバーガーを、グリーンペッパーの爽やかな風味のオリジナルソースにくぐらせて食べる新スタイルを提案。牛肉パテは、焼き加減を調整することもできるという。 ハンバーガー以外にも、スパイシーな味付けの鶏料理や、「インスタ映え」するシェイクなど多彩なメニューを用意している。

umami burger


シェイク
シェイク


UMAMI BURGER みなとみらい店

住所 横浜市西区みなとみらい3の6の1、MMcruise1階
アクセス みなとみらい線みなとみらい駅直結
電話 045(307)3480
営業時間 午前11時~午後10時
定休日 不定休

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

【湯河原、真鶴ほか】アート堪能しながら街歩き


過去の展示から
過去の展示から

湯河原・真鶴アート散歩

 1~30日、湯河原・真鶴町などの66会場。無料。作家らの自宅や店舗などを開放し、作品を展示するアートイベント。プロ・アマ問わず、陶芸、木工、アクセサリー、絵画、写真などのほか、音楽やダンスなど多様なジャンルを気軽に楽しむことができる。会場により開放日・時間が異なるので詳細は[ホームページ]で。

湯河原・真鶴アート散歩


湯河原・真鶴ほか

住所 神奈川県足柄下郡湯河原町中央2丁目2−1
電話 実行委員会TEL080(5945)3376

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

【相模原】年2回のお楽しみ


相模大野アートクラフト市 秋の市

 4日、午前11時~午後4時。毎年春と秋に開催される、県内最大級のクラフト市。さまざまなジャンルの美術工芸作家や画家、手芸作家のほか、趣味の手作り愛好家が集まって作品の発表や販売を行う。雨天中止。【相模大野アートクラフト市 秋の市】


小田急相模大野駅

住所 神奈川県相模原市南区相模大野
電話 実行委員会事務局TEL042(767)5915

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

【Museum Navi】理科美術に対し誠実な画家


天木茂晴「愛玩鳥」(後期展示、個人蔵)
天木茂晴「愛玩鳥」(後期展示、個人蔵)

[理科をそだてた挿絵画家 天木茂晴] 町田市立博物館

 28日まで前期、31日から11月25日まで後期展示。天木茂晴(1913~86年)は40年以上にわたって図鑑や教科書、児童向けの科学雑誌などに、植物や生き物の精緻な挿絵を描き続けた。学問や教育に関わる理科美術に対して誠実に取り組んだ仕事ぶりを、挿絵原画や彩色画など約200点によって紹介する。1963年以降は町田市に自宅兼アトリエを構えて活動した。「愛玩鳥」には、昭和の時代に家庭で飼われることが多かったブンチョウやジュウシマツなどがそろう。こうした生き物の集合図は絵画ならではの技法。精密さとともに生き物への温かいまなざしが感じられる。

理科をそだてた挿絵画家 天木茂晴


町田市立博物館

住所 東京都町田市本町田3562
アクセス 町田駅からバスで市立博物館前下車7分
電話 042-726-1531
営業時間 午前9時~午後4時半
定休日 30日と月曜日

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

【シネマ散歩】“人種のるつぼ”の危機描く


ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ

 東京のシアター・イメージフォーラムで上映中、川崎市アートセンターでも11月24~30日上映予定。映画「パリ・オペラ座のすべて」などで知られ、米国を代表するドキュメンタリーの巨匠フレデリック・ワイズマンが、ニューヨーク市クイーンズ区にある「ジャクソンハイツ」と呼ばれる一帯にカメラを向けた。

 クイーンズといえば、NHKでも放送されていた人気ドラマ「アグリー・ベティ」を思い出す人もいるかもしれない。メキシコにルーツを持つベティ一家が暮らす移民街として、ドラマにもその多様なコミュニティーの様子が度々登場する。

 同地区の住民の割合は、ヒスパニック系が大半を占め、アジア系、白人、黒人と続く。まさに“人種のるつぼ”と呼ぶにふさわしく、ユダヤ教、イスラム教、ゲイ・コミュニティーも共存してきた。

 一方、監督がカメラに収めたのは、巨大資本がジャクソンハイツのコミュニティーを破壊しようとするさまだ。中心部まで地下鉄で30分という交通の利便性に目を付けた資本家らが、地上げを行い、再開発を強引に進めているのだ。

 3時間にも及ぶ長編だが、スクリーンから目が離せない。商店街や宗教施設、議員の事務所…。垣根なく、ありとあらゆる所にカメラが入り込み、人々の言葉や生活を記録していく。米国の多様性が失われようとしている現状に危機感を抱く、監督の強い思いが伝わってきた。


川崎市アートセンター

住所 神奈川県川崎市麻生区万福寺6丁目7−1
電話 044-955-0107
公式HP http://kawasaki-ac.jp/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

人気タグ