かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 江戸時代初期に築いた山荘

テーマ特集 色づく秋の紅葉巡り①
江戸時代初期に築いた山荘

  • 一条恵観山荘(鎌倉市)
  • 2018年11月3日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 秋が深まるにつれ、色づく木々。紅葉を楽しんだ後は、カフェでほっと一息つくのもお薦めです。イマカナスタッフたちが各地のスポットを紹介します。(1/6)

*紅葉の写真は原則、過去のものを使用

一条恵観山荘(鎌倉市)

見頃は11月中旬~12月初旬


 後陽成天皇の第九皇子であった一条恵観(えかん)が和歌や書道、茶の湯などの文化サロンの舞台として、江戸時代初期に築いた山荘。

 京都・西賀茂から鎌倉へ移築後、国指定重要文化財となり、昨年6月から公開された。京都風の庭園などでは、足下に常緑の苔、見上げると紅葉が眺められる。



一条恵観山荘

住所 鎌倉市浄明寺5の1の10
アクセス 鎌倉駅からバスで浄明寺下車2分
電話 0467(53)7900
営業時間 午前10時~午後4時(最終入場は同3時半)
定休日 月・火曜と催事開催時など休み。詳細は同園[ホームページ]
公式HP https://ekan-sanso.jp/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

ホッと一息 かふぇ揚梅(やまもも)亭

川のせせらぎBGMに甘味を味わう


宇治抹茶のロールケーキとコーヒー
宇治抹茶のロールケーキとコーヒー

 一条恵観がヤマモモの実を愛したことから名付けられたカフェ。

 市内にある「パティスリー雪乃下」が監修した醍醐のケーキ(650円)や宇治抹茶のロールケーキ(600円)は、こくのある味わいも、見た目の美しさも秀逸。

 窓からは滑川の渓流や衣張(きぬばり)山、紅葉の小径が望め、小鳥のさえずり、川のせせらぎをBGMに甘味を味わえるぜいたくな空間だ。

 一条恵観山荘の担当者は「日常や時間を忘れて、庭園やカフェでゆったりと季節の移ろいを感じてください」と話した。



かふぇ揚梅亭

住所 鎌倉市浄明寺5の1の10
アクセス 鎌倉駅からバスで浄明寺下車2分
公式HP https://ekan-sanso.jp/menu/621314

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


散策したりカフェで一息ついたり色づく秋の紅葉巡り

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

人気タグ