かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 子どもの工作をすてきに飾る

テーマ特集 年末の片付け&掃除術②
子どもの工作をすてきに飾る

  • ライフオーガナイザー・向原由夏さん
  • 2018年11月24日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 今年も残すところあと約1カ月。早めに大掃除を済ませて、スッキリした気分で新年を迎えませんか。収納のプロにこつを教えてもらいました。(2/6)


恐竜を集めて飾ったコーナー
恐竜を集めて飾ったコーナー

【工作品】ひと工夫で“たまる”を卒業

 片付けサポートやレッスンを行うライフオーガナイザーの向原由夏さん(47)は、長男の慶君(10)が学校から持ち帰る工作をすてきに飾っている。

 「テイストを合わせてまとめたり、植物を一緒に飾ったり、リメークシートなどでコーナーを作っておくのもいいですよ」と向原さん。たまる一方の作品が片付き、ひと工夫で見栄えもぐっとよくなるという。

 向原さんは米国発祥の片付け術「ライフオーガナイズ」を薦める。どんな暮らしがしたいかなど、その人の価値観を理解した上で片付けを行うもので、「思考の整理から始めましょう」と話す。


「テイストの合う絵をまとめて飾るといいですよ」とアドバイスする向原さん(左)と慶君
「テイストの合う絵をまとめて飾るといいですよ」とアドバイスする向原さん(左)と慶君

 子どもの場合でも、引き出しには何をしまいたいかなどを確認してから整理すると自分で片付けやすくなるという。慶君は、引き出しの中を見せながら「ここは、楽器とか。ここは、カードゲーム」などと自分で決めたルールを説明してくれた。

 「何のために片付けるのかを忘れないでほしい」という向原さん。頑張りすぎず、子どもと楽しむための空間作りを実践している。

ライフオーガナイザー・向原由夏さん

 「収納公開&レッスン」を1月23日午前10時~正午、向原さん宅で開催。2500円。ほかにカフェで片付け相談3千円(1時間)、訪問コンサルタントと片付けサポートのセット1万5千円(3時間)。電話090(4712)1760。

この記事の関連まとめ


収納のプロに聞いた!年末の片付け&掃除術

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

人気タグ