かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. ヨガやアートとコラボも

テーマ特集 温室に行こう②
ヨガやアートとコラボも

  • 日比谷花壇大船フラワーセンター(鎌倉市)
  • 2019年2月9日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 立春を過ぎたとはいえ、まだまだ外は寒い冬。いつでもポカポカの温室で常夏気分を味わってみませんか?(2/6)
 ※開花時期は天候などの影響で変動します

日比谷花壇大船フラワーセンター

グリーンハウス


スイレン池の滝
スイレン池の滝

 日比谷花壇大船フラワーセンター内にある、Cの形をしたユニークな造りの「グリーンハウス」。

 2017年4月から無加温式の温室に変わり、18年4月から指定管理者の「日比谷花壇」が運営を引き継いだ。

 ハウス内には、バナナやハイビスカス、ブーゲンビリアなどが咲き、晴れた日の日中は室温が20度以上にもなるが、室温が低下する夜は工夫が必要だ。


ブーゲンビリア
ブーゲンビリア

 園長の榎本浩さん(52)は、約30年にわたる公園づくりや熱帯植物園での経験を生かし、根元にわらを敷いたり、寒冷紗(かんれいしゃ)を巻いたりと工夫を凝らして植物を管理している。

 「無加温での管理は大変だが、春を感じられる空間にしたい」と榎本さん。


胡蝶蘭ととっくりらん
胡蝶蘭ととっくりらん

 水の音が響くスイレン池では、春にヨガや植物とアートのコラボ展示などを行う予定。花や木々に囲まれて、さまざまな角度から春を感じたい。

クリスマスローズ展
 2月10~24日。クリスマスローズ愛好団体による植木や水彩画の展示など。栽培教室も開催する。

スプリングガーデン展
 3月3日まで。チューリップ、玉縄桜、パンジーなどを春の庭に見立てて展示する。



日比谷花壇大船フラワーセンター

住所 鎌倉市岡本1018
アクセス 大船駅西口徒歩16分
電話 0467(46)2188
営業時間 11~2月は午前9時~午後4時(最終入場は同3時半)。3~10月は同5時まで(最終入場は同4時半)
定休日 第2・4月曜休み(祝日の場合は翌日)
公式HP http://www.fcofuna-kanagawa.jp/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


寒い冬でもポカポカ!温室に行こう

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ