かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 白あんとノリの共演

テーマ特集 神奈川の海苔②
白あんとノリの共演

  • 中村屋羊羹店(藤沢市)

シェア・新聞購入ボタン

 豊かな海が育むノリ。県内では今も養殖が行われ、歴史が受け継がれています。2月3日の「のり巻きの日」、6日の「海苔の日」(ともに全国海苔貝類漁業協同組合連合会制定)にちなみ、産地やおいしい商品などを紹介します。(2/6)


中村屋羊羹店


江の島名物「海苔羊羹」



 江の島の「山二ツ」と呼ばれる相模湾を見下ろす絶壁の間にある、1902(明治35)年創業の和菓子店。もとは島内で営んでいた駄菓子店で、目の前に岩場があった。

 「弁天様をお参りに来る人向けに、江の島らしいお土産を」と考えた創業者の中村助次郎さんが、岩場に付着するノリに着目。名物「海苔羊羹(ようかん)」が生まれた。

 4代目・中村憲昌さん(45)は、「あんことノリは斬新なようで実は相性がいいんですよ」と話す。口に入れた瞬間に青ノリの香りがふわっと広がり、豆の持ち味が生かされた白あんと調和する。ノリが主張しすぎず、砂糖、あん、寒天の量が程良い。誕生から110年余り、このあんばいを大切に守り続けてきた。


喫茶コーナー窓からの、山二ツ眺め
喫茶コーナー窓からの、山二ツ眺め

 店舗裏の工房で海からの朝日を眺めながら作られる海苔羊羹は、潮風をも閉じ込めているよう。「食べ歩きカット」(1切れ110円)で気軽に味わえるほか、喫茶コーナーでは絶景に加え、「本煉(ほんねり)羊羹」と抹茶とのセット(500円)が楽しめる。



中村屋羊羹店

住所 藤沢市江の島2の5の25
アクセス 小田急線片瀬江ノ島駅徒歩25分
電話 0466(22)4214
営業時間 午前9時~午後6時(天候により変動あり)

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


豊かな海で育む神奈川の海苔

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ