かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 極細でピンク色「桜切りそば」

テーマ特集 桜を楽しむ味と名所②
極細でピンク色「桜切りそば」

  • 手打ちそば 更科(川崎市多摩区)
  • 2019年3月16日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 本格的な春の足音とともに桜の季節が近づいてきました。食事からデザートまで、お花見と合わせて楽しめばきっと笑顔も満開に。さあ、出掛けましょう!(2/6)



【手打ちそば 更科】定番のほか限定そばも提供

 1954(昭和29)年創業、駅前に立つ手打ちそばの店。3代目の店主・手塚晶之さん(36)が、定番のほか、時季に合わせた限定そばを提供している。

 桜シーズンの2週間は「桜切りそば」(1200円)がお目見え。極細のピンク色のそばに、乾燥させた桜の花のパウダーが舞い、そばらしからぬかわいらしさ。口に運び、しっかりとした歯応えを楽しんでいると、鼻に抜けていく桜をほのかに感じられる。



 香りのもとは、桜の葉を煮出した抽出液。更科(さらしな)粉に加えてそばがき状にし、さらに割り粉と最小限の水でこねる。でんぷん質が多い更科粉は弾力が強く、極細のそばにするために延ばす作業は、硬さと乾燥との勝負になる。普通のそば打ちの何倍もの労力を要するが「のどごしがとても良いそばになります。見た目や香りとともに、季節を感じてほしいですね」と、手塚さんは話す。



手打ちそば 更科

住所 川崎市多摩区登戸3402
アクセス 登戸駅徒歩1分
電話 044(911)2505
営業時間 午前11時~午後2時半L.O.、同5~9時L.O.(土日・祝日は通し営業)
定休日 水曜休み、不定休あり
公式HP http://www.sarashina-noborito.com/concept/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

お花見スポット<川崎>


生田緑地(2018撮影)
生田緑地(2018撮影)

■生田緑地(小田急線向ケ丘遊園駅徒歩13分)。約1500本。東口ビジターセンター☎044(933)2300。

■二ケ領用水宿河原(JR宿河原駅すぐ)。両岸約2キロに約400本。◆桜まつり 4月7日。宿河原堤桜保存会☎044(933)7015。

■麻生川沿い(小田急線新百合ケ丘~柿生間)。約1.3キロに約250本。◆桜まつり 30日(荒天時は31日)。24日~4月7日は一部ちょうちんによるライトアップあり(午後6~9時)。麻生区地域振興課☎044(965)5113。

■渋川沿い・中原平和公園「住吉ざくら」(東急東横線元住吉駅徒歩3分)。約2キロに約250本。住吉観光協会☎044(744)3159。

■夢見ケ崎動物公園(JR新川崎駅徒歩15分)。約300本。☎044(588)4030。

■等々力緑地(東急東横線武蔵小杉駅からバスで市営等々力グランド入口下車)。約300本。中原区役所道路公園センター☎044(788)2311。

この記事の関連まとめ


春色満開!さあ、出掛けよう!桜を楽しむ味と名所

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

人気タグ