かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 産地直売
  3. 優秀賞の獲得が転機に

産地直売 のらぼう菜
優秀賞の獲得が転機に

  • 特産物を栽培、加工 柏木さん(川崎市高津区)
  • 2019年3月21日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン


 台地の地形を利用した20アールの畑で年間30種以上を栽培しながら、多数の加工品を出荷している柏木智壽子さん(75)。現在、川崎の伝統野菜・のらぼう菜が最盛期を迎えている。

 アブラナ科の早春野菜で、苦みや癖がなく食べやすい上、カロテンやビタミンA・C、鉄分や食物繊維など女性にうれしい栄養素を多く含む。

 地域特産物マイスターで農家の高橋孝次さん(87)に、栽培方法を3年間学んだ。「種まきは8月。収穫は茎の根元から切りますが、新しい葉がどんどん成長するので8~9回ほど収穫できますね」と話す。

 2年前からはオリジナルの「ヒスイ色ののらぼう菜ペースト」を作り始めた。葉の筋を取って湯がき、塩やオリーブオイルを加えてミキサーへ。大量の葉を使うため風味と甘味が濃厚で、パンやパスタにぴったりだ。オイルで溶いて肉・魚料理の皿に散らせば、鮮やかな緑色を楽しめる。



 義父がナスとビワを生産する農家に嫁いだが、夫の眞市さん(77)は会社経営、自身はずっと専業主婦だった。だが6年前、家族に好評だった「ラッキョウの酢漬け」をJAセレサ川崎の第1回農家の手作り加工品品評会に出品し、優秀賞を獲得したのが転機となった。

 その後、周囲の薦めもあって県認定「ふるさとの生活技術指導士」(郷土の生活文化を伝承する人)をはじめ、さまざまな資格を取得。漬物やつくだ煮、ジャムなど加工品製造の知識と技術を磨く勉強を重ね、農業も本格化させた。

 現在、生産物は全てJAセレサ川崎の大型直売所セレサモスに出荷。漬物はファンから手紙をもらうほどの人気で、蜂蜜は何度も賞を獲得している。

 学生の頃、服飾デザインを学んでいた柏木さんは、味だけでなく色や美しさなど総合美を重視する。「この透明感がポイントなのよ」と、「夏みかんのマーマレード」を手に、太陽のような笑顔を見せた。

お薦め品


のらぼう菜ペースト
のらぼう菜ペースト

◇のらぼう菜 1袋150円
◇ヒスイ色ののらぼう菜ペースト 140グラム380円
◇夏みかんのマーマレード 200グラム500円
◇ぬか漬け 280円
◇ラッキョウの酢漬け 480円

ここで買える


JAセレサ川崎ファーマーズマーケット セレサモス 宮前店

住所 川崎市宮前区宮崎2の1の4
アクセス 東急田園都市線宮崎台駅徒歩6分
電話 044(853)5011
営業時間 午前10時~午後6時
定休日 水曜
公式HP http://www.jaceresa.or.jp/store/detail.php?id=7815

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ