かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 淵野辺といえば

テーマ特集 大学のある街 淵野辺⑥
淵野辺といえば

  • 2019年3月2日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 大学のある街の魅力を紹介するシリーズ第5弾は、青山学院大学などがキャンパスを構える相模原市中央区の淵野辺地区へ。小惑星りゅうぐうへの着地に成功した探査機「はやぶさ2」で注目を集める宇宙航空研究開発機構(JAXA)相模原キャンパスもある“学園都市”を歩きました。(6/6)



にぎわい創出へ学生と地域が連携

 相模原市中央区の東部に位置する淵野辺は、JAXA相模原キャンパスのお膝元であり、青山学院大学、麻布大学、桜美林大学を有する学園都市だ。

 大学生が地元の商店街や自治会と連携する動きも活発で、JR淵野辺駅南口の鹿沼公園で毎年開催される「鹿沼公園さくらまつり」や「大野北銀河まつり」など、街のさまざまなイベントの運営に参加。大学生のアイデアが盛り込まれたイベントは、市内外から多くの人を呼び込み、にぎわいを創出している。

 淵野辺に練習拠点を置く青山学院大学陸上競技部の躍進も街の活気につながっている。2015年から4連覇した箱根駅伝の祝賀パレードを駅周辺で開催。全国からファンが駆けつけ、昨年は約3万人が集まった。パレードを主催する地元の各団体などでつくる「大野北地区まちづくり会議」と同駅前商店街「にこにこ星ふちのべ商店会」は、記念品として県産の銘柄豚を贈呈するなどバックアップ。同商店会会長で、つるや呉服店代表の萩生田康治さんは「今年も総合2位と大健闘だった。5度目の総合優勝を果たした際はぜひ、パレードを開催したい」と全力で応援している。

 同商店会では、近接するJAXAを訪れた人をもてなそうと、小惑星探査機「はやぶさ」や宇宙にちなんだグルメやグッズを販売。大学生とコラボレーションした商品もある。

 萩生田さんは「街の盛り上げに大学生が積極的でうれしい。地域が一体となって、元気に楽しく街づくりに取り組めている」と笑顔で話した。

この記事の関連まとめ


シリーズ第5弾大学のある街 淵野辺

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ