かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 06年には平松礼二館開館

テーマ特集 平成プレーバック  美術館④
06年には平松礼二館開館

  • 町立湯河原美術館(湯河原町)
  • 2019年3月30日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 平成は地方に美術館が増えた時代でもあります。平成生まれの県内の美術館を紹介します。(4/6)



町立湯河原美術館 
1998(平成10)年OPEN 

 湯河原を代表する明治創業の老舗旅館「天野屋旅館」を改装し、1998(平成10)年10月に開館した。

 戦前の京都画壇を代表する日本画家・竹内栖鳳(せいほう)をはじめ、洋画家・安井曾太郎ら湯河原ゆかりの作家の作品を所蔵し、常設館で紹介している。栖鳳は天野屋旅館をよく訪れ、旅館側の提案で敷地内に画室を建てた縁もある。


湯河原美術館のカフェ
湯河原美術館のカフェ

 2006(平成18)年には「平松礼二館」をオープンし、花などの具象を色鮮やかに表現した日本画を展示。今年は平松さんが画業の集大成として手掛けた「湯河原十景」の候補20作品が完成し、6月27日から来館者が投票を行うなど盛り上がりを見せそうだ。館長の池谷若菜さん(58)は「地元アーティストや小学生の作品展示、カフェでのワークショップなどいろいろな目線で活用し、文化の発信と人の集う町の拠点としての役割も担っていきたい」と話した。



町立湯河原美術館

住所 湯河原町宮上623の1
アクセス JR湯河原駅からバスで美術館前下車すぐ
電話 0465(63)7788
営業時間 午前9時~午後4時半(最終入館は同4時)
定休日 水曜休み(祝日の場合は開館)。展示替え期間休み
公式HP http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/kyoiku/museum/
備考欄 制作中の作品や画材が並ぶ平松さんのアトリエも公開中(午前9時半~午後3時半)。入館料(全館共通)一般600円ほか

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

MUSEUM EVENT


平松礼二「ノルマンディの印象・ひなげし」
平松礼二「ノルマンディの印象・ひなげし」

常設館

◇渋谷武美展
 -人間愛を求めて-

 3月28日~4月23日。日展で活躍した小田原在住の彫刻家の15作品。

◇たじまひろえ絵画展
「楽園さんぽ♪」

 4月25日~5月21日。湯河原在住の画家。楽園をテーマに湯河原で見つけた景色や人物など、カラフルでポップな世界を展開する。

平松礼二館

◇野の花素描展
 ~旅で出会った花たち~

 3月28日~6月24日。旅先で出合った草花を描いたかれんな作品が並ぶ。

この記事の関連まとめ


地元で活況するミュージアム平成プレーバック  美術館

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ