かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 波音を聞きながら映画鑑賞

テーマ特集 10連休!遊び尽くそう③
波音を聞きながら映画鑑賞

  • 2019年4月20日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 もうすぐ10連休。お出掛け先はもう決まりましたか??県内にもサーカスや映画祭、新たな施設など魅力的なスポットがそろっています。家族で、カップルで、楽しみませんか。(3/6)


(c)ZUSHI BEACH FILM FESTIVAL
(c)ZUSHI BEACH FILM FESTIVAL

逗子海岸映画祭2019

 逗子海岸に11日間現れる手作りの野外映画館。毎年、期間中の来場者が1万5千人を超える人気イベントで、10回の節目を迎える。

 「ミュージックデー」や「キッズデー」「インドデー」など、大人向けから世代を超えて楽しめるものまで、日替わりでテーマに合わせた映画を日没後に上映。うち1作品は会員制交流サイト(SNS)上で公募するなど、開催前から話題となっている。


ヨガイベントも
ヨガイベントも

 地元の作家たちのアクセサリーや雑貨がそろうセレクトブース、波音を聞きながらリラクセーションが体験できるブースなども充実。テーマごとにフードコートの店舗も日替わりで出店するなど、毎日訪れても飽きない。

 同映画祭を主催する「CINEMA CARAVAN」(シネマキャラバン)広報の松本えり子さん(42)は「波の音を聞きながら野外で映画を見る体験はなかなかないので、五感で楽しんでほしい」と呼び掛けた。



上映作品=名作からドキュメンタリー、オリジナルなど11作品

◇26日・オープニングデー=「ダージリン急行」(米国、2007年、96分)
◇30日・ファンタジーデー=「ネバーエンディング・ストーリー」(西ドイツ、1984年、95分)
◇5月6日・シネマキャラバンデー=映画祭オリジナル作品「Play with the Earth」ほか


逗子海岸砂浜

住所 神奈川県逗子市新宿3
アクセス JR逗子駅・京急線新逗子駅徒歩15分
営業時間 26日~5月6日午前11時開場(26日は午後3時、映画の上映は同7時から)
公式HP https://zushifilm.com/
備考欄 入退場自由。荒天中止。料金=1500円、高校生千円、中学生以下無料(要学生証)。逗子市在住者は身分証明書提示で500円。開場の1時間前からエントランスで販売。上映作品、当日の開催状況などの詳細は、同映画祭ホームページで。メール:info@zushifilm.com

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


思い出いっぱいの大型連休を10連休!遊び尽くそう

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 古民家を改装したカフェ 小田原産の梅がほんのり香る 小田原・ニコカフェの唐揚げランチ

    nico cafe(小田原市)

  2. 紅葉&立ち寄りスポット⑤ 弥生神社のイチョウは11月半ばが見頃 御朱印帳づくりも人気

    弥生神社(海老名市)

  3. 紅葉&立ち寄りスポット③ 新百合山手中央通りで楽しむ紅葉 英国農家のランチスタイルも堪能

    新百合山手中央通り(川崎市麻生区)

  4. ステージのある店② 茅ケ崎で楽しむ歌と演奏 参加型ライブハウス

    BOTCHY BOTCHY(茅ケ崎市)

  5. 紅葉&立ち寄りスポット② 鎮守の杜レストランKoyoで見る紅葉 洋食や名物の「八福餅」と一緒に

    鎮守の杜レストラン Koyo(寒川町)

人気タグ