かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 産地直売
  3. 深いこくと甘み 記憶に残る味わい

産地直売 乳製品
深いこくと甘み 記憶に残る味わい

  • 相澤良牧場(横浜市瀬谷区)
  • 2019年5月9日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン


 相鉄線三ツ境駅からバスに揺られること約10分。バス通りから脇道に入った住宅街に突如、赤いとんがり屋根の建物が現れる。

 ここは、相澤広司さん(61)が代表を務める相澤良牧場。2013年に敷地内にオープンした直売店「オーガスタミルクファーム」では、搾りたての牛乳をふんだんに使った乳製品を販売し、人気を集めている。



 売れ筋は「ソフトジェラート」。6種類ある季節のジェラートから好みの1種類を選び、その上にソフトクリームを絞る相澤さん考案の看板メニューだ。ソフトクリーム単品での販売をしていないのが同牧場ならではで、相澤さんは「ジェラートと一緒に食べてもらうことで、味のインパクトや他店との差別化を図りました」と思いを口にする。

 他にも、新商品の飲むヨーグルトや食感の異なる2種類のプリンなど、牛乳の豊かな風味を引き立てた、記憶に残る味わいの乳製品が多彩にそろう。

 この日は、あいにくの雨にもかかわらず、大勢の客が来店。群馬県から訪れた20代の夫婦は「評判は聞いていたが、期待以上のおいしさです」と満面の笑みを見せた。



 直売店の裏手にある牛舎では、ホルスタイン種、ジャージー種、ブラウンスイス種の乳牛約60頭を飼育。1日に約1トンを搾乳し、メーカーやレストランにも出荷している。同牧場の牛乳は、深いこくや甘みを感じられるのが特長だ。

 相澤さんは「牛乳を好きなだけ飲める『ミルクバー』では、5杯以上お代わりする人も多いです。『おいしい』という言葉とお客さんの笑顔が仕事の原動力になっています」と話した。



ここで買える


相澤良牧場 オーガスタミルクファーム

住所 横浜市瀬谷区阿久和南3の11の11
アクセス 相鉄線三ツ境駅または同いずみ野駅からバスで山王塚下車5分
電話 045(489)6211
営業時間 午前10時半~午後4時
定休日 無休
公式HP http://www.augustamilkfarm.jp/
備考欄 駐車場あり

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ