かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 産地直売
  3. 食卓に彩りを♡レインボー野菜

産地直売 野菜
食卓に彩りを♡レインボー野菜

  • 鈴也ファーム(横須賀市)
  • 2019年5月23日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン


 黄色や紫、オレンジ、白などのカラフルなニンジンやダイコン作りに励む若手農家の鈴木優也さん(34)。アロマレッドと呼ばれるオレンジのニンジンやパープルニンジン、ホワイトニンジン、ムラサキダイコン、赤ダイコンなど「レインボー野菜」と銘打った彩り豊かな野菜を通年で生産しており、横須賀市内の飲食店などから引っ張りだこだ。

 ニンジンは通常より細身で、苦味がなく、子どもでも食べやすいさっぱりとした甘さ。「スティック野菜でバーニャカウダでも、ピクルスにしてもお薦め。食卓に彩りが生まれたらうれしい」と鈴木さんはほほ笑む。



 8年前、外車のディーラーから農家に転身。両親から畑を受け継いだ。「新しい農業を」と、三浦半島の飲食店を回ってどんな野菜が必要とされているかを自ら調べた。

 ニンジンやダイコンは冬野菜のイメージがあるが、農家に作付けの方法を学び、年5~6回に分けて種をまくことで、4月の端境期や7~8月の高温期以外は通年で収穫することに成功。現在では80種の野菜を育てる。

 若手農家の育成などに取り組む「農業生産法人ヨコスカアグリファミリー」を農家2人と飲食店経営者らで立ち上げ、近隣の農業高校の生徒ら6人と共に約2年間野菜作りに励んでいる。ほかにも飲食店と共同で、市場出荷が難しい果物や野菜などを使った加工品を企画・販売し、産業と結び付けるノウハウなども広く伝える。



 「横須賀の野菜のおいしさはもちろん、若い人に農業に興味を持ってもらい、農家になりたい若者の受け皿になれたら」と鈴木さんは農業への情熱を語った。

お薦め品



レインボーニンジン  1本50~70円
レインボーダイコン  1本100~200円

ここで買える


すかなごっそ

住所 横須賀市長井1の15の15
アクセス 京急線三崎口駅からバスで小根岸下車1分
電話 046(856)8314
営業時間 午前9時半~午後6時
定休日 水曜休み(祝日の場合は営業)
公式HP https://ja-yokosukahayama.or.jp/sucanagosso/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ