かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 大自然の中で楽しむ芸術

テーマ特集 箱根の今昔③
大自然の中で楽しむ芸術

  • 彫刻の森美術館
  • 2019年5月25日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 江戸幕府が箱根に関所を設置してから今年で400年。関所の往来を通して発展した箱根の今昔に迫ります。(3/7)



【彫刻の森美術館】国内初の野外美術館

 1969年に開館した、国内で初めての野外美術館。広い庭園に、近・現代を代表する彫刻家の作品約120点が常設展示されている。美術の教科書にも掲載されている名作も鑑賞でき、年間60万人が訪れる。
 
 開館当初から、小さい子どもを連れた家族でも楽しめるようにとのテーマを貫き、木造ドームの中に巨大なハンモックの造形が組み込まれた「ネットの森」など親子で楽しめるコーナーが多い。ステンドグラスが美しい「幸せをよぶシンフォニー彫刻」はCM撮影に使われたことでも知られる。

 開館50周年となる今年は、7月27日にピカソ館をリニューアルオープンするほか、同日から来館者参加型イベント「ちょうこくの森アートライヴ2019」を開催予定。作家によるトークイベントやワークショップなどのプログラムを準備している。広報の辻井有里さんは「今は特に木々の緑が美しい時期。大自然の中で芸術を楽しんで」と魅力をアピールしている。


ガブリエル・ロアール「幸せをよぶシンフォニー彫刻」1975年(内観)
ガブリエル・ロアール「幸せをよぶシンフォニー彫刻」1975年(内観)

彫刻の森美術館

住所 箱根町二ノ平1121
アクセス 箱根登山鉄道彫刻の森駅徒歩2分
電話 0460(82)1161
営業時間 午前9時~午後5時(最終入館は同4時半)
公式HP http://www.hakone-oam.or.jp/
備考欄 年中無休。入館料大人1600円ほか

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

※箱根山の火山活動が続いているため、大涌谷周辺の一部エリアが立ち入り禁止となっています(箱根ロープウェイは19日から全線運休中)。気象庁や箱根町などの情報を確認の上、適切な行動をとってください。

この記事の関連まとめ


箱根の魅力たっぷり箱根の今昔

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ