かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 写真からうかがう箱根の歴史

テーマ特集 箱根の今昔④
写真からうかがう箱根の歴史

  • Studio Cafe SHIMA
  • 2019年5月25日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 江戸幕府が箱根に関所を設置してから今年で400年。関所の往来を通して発展した箱根の今昔に迫ります。(4/7)



【Studio Cafe SHIMA】写真スタジオ併設の老舗カフェ

 1919年創業、今年100周年を迎える老舗写真スタジオ併設のカフェ。現在は4代目店主でカメラマンの嶋雄司さん(36)が店を守っている。

 カフェは、暗室として使用していたスペースなどを改築し、2012年にオープン。ガラス乾板や昔のカメラなど、写真スタジオならではのインテリアの中には、歴代店主が撮影した箱根の写真も飾られ、まちの歴史を知ることができる。

 「強羅駅周辺は、少し休めるようなカフェがなかったんです」と話すのは、料理を担当する母・紀子さん(60)。人気の「トコトコ登山電車のパウンドケーキ」(540円=写真)は、こどもの日限定メニューとして考案し、好評を得て定番化した。アイシングクッキーで作られた電車の外観は甘くてサクサク、パウンドケーキはドライフルーツが爽やかに香る。おいしいコーヒーと一緒に、一息つくのにぴったりだ。



カメラマン・嶋雄司さん おすすめ写真スポット



箱根美術館 茶室「真和亭」

 美し日本庭園の中にある茶室。磨き上げられたテーブルに木々が映り込んだ美しい写真を撮影できる。秋の紅葉シーズンがベスト。観覧料とお茶のセット券1200円ほか。


Studio Cafe SHIMA

住所 箱根町強羅1300
アクセス 箱根登山鉄強羅駅徒歩12分
電話 0460(82)2623
営業時間 午前10時~午後3時半(茶室)
定休日 木曜
公式HP http://studiocafe-shima.jp/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

※箱根山の火山活動が続いているため、大涌谷周辺の一部エリアが立ち入り禁止となっています(箱根ロープウェイは19日から全線運休中)。気象庁や箱根町などの情報を確認の上、適切な行動をとってください。

この記事の関連まとめ


箱根の魅力たっぷり箱根の今昔

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 古民家を改装したカフェ 小田原産の梅がほんのり香る 小田原・ニコカフェの唐揚げランチ

    nico cafe(小田原市)

  2. 紅葉&立ち寄りスポット⑤ 弥生神社のイチョウは11月半ばが見頃 御朱印帳づくりも人気

    弥生神社(海老名市)

  3. 紅葉&立ち寄りスポット③ 新百合山手中央通りで楽しむ紅葉 英国農家のランチスタイルも堪能

    新百合山手中央通り(川崎市麻生区)

  4. ステージのある店② 茅ケ崎で楽しむ歌と演奏 参加型ライブハウス

    BOTCHY BOTCHY(茅ケ崎市)

  5. 紅葉&立ち寄りスポット② 鎮守の杜レストランKoyoで見る紅葉 洋食や名物の「八福餅」と一緒に

    鎮守の杜レストラン Koyo(寒川町)

人気タグ