かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 歌姫の軌跡 ひばりと横浜

テーマ特集 美空ひばり没後30年を偲ぶ①
歌姫の軌跡 ひばりと横浜

  • 年表
  • 2019年6月15日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 昭和を代表する歌手、美空ひばりさんが亡くなってから24日で30年。横浜で生まれ育ち、横浜の舞台から大スターへの階段を駆け上った歌姫の軌跡を振り返ります。(1/4)


横浜公園野外音楽堂で開催された「第1回オール横浜綜合芸能コンクール」は本名・加藤和枝で出場。歌謡曲の部予選で4位に入賞、本選では「長崎物語」「小雨の丘」を歌った。神奈川新聞に「白いリボンに赤いドレス、ウクレレを弾いて『小雨の丘』を身振り手振りよろしく、(往年の宝塚スター)小夜福子そこのけの歌いぶりに、開幕早々拍手がわく」と掲載された(1946年11月25日、神奈川新聞社撮影)
横浜公園野外音楽堂で開催された「第1回オール横浜綜合芸能コンクール」は本名・加藤和枝で出場。歌謡曲の部予選で4位に入賞、本選では「長崎物語」「小雨の丘」を歌った。神奈川新聞に「白いリボンに赤いドレス、ウクレレを弾いて『小雨の丘』を身振り手振りよろしく、(往年の宝塚スター)小夜福子そこのけの歌いぶりに、開幕早々拍手がわく」と掲載された(1946年11月25日、神奈川新聞社撮影)

1937年  5月29日、横浜市磯子区滝頭で魚屋「魚増」を営む加藤増吉・喜美枝の長女として生まれる

1944年  滝頭国民学校に入学

1945年
  終戦後、復員した父・増吉が地元の青年を集めアマチュアバンド「青空楽団」(ミソラ楽団、美空楽団)を結成

1946年
  母・喜美枝に連れられ楽団とともに杉田劇場やアテネ劇場、大見劇場、銀星座、横浜復興会館などに出演。「美空(ミソラ)一枝」や「美空和枝」の名で歌声を披露するようになる


横浜国際劇場の人気者となり、神奈川新聞のインタビューに応じた美空ひばりさん母娘(1948年ごろ、神奈川新聞社撮影)
横浜国際劇場の人気者となり、神奈川新聞のインタビューに応じた美空ひばりさん母娘(1948年ごろ、神奈川新聞社撮影)

1948年  中区宮川町にあった横浜国際劇場(47年5月5日開場)で公演された東京の軽演劇劇団「新風ショウ」にベビー・シンガー、美空ヒバリの肩書で出演。同じ年のグランド・ショウ「女ターザンと黄金仮面」で芸名を「美空ひばり」と改め、本格的なデビューを果たす

1949年  「河童ブギウギ」でレコードデビュー。映画「悲しき口笛」で初主演、同名主題歌が大ヒット。磯子区丸山町に転居

1950年
  滝頭小学校卒業、精華学園女子中学校(東京)に入学

1953年
  精華学園女子中学校卒業、同学園高校に入学。磯子区間坂に「ひばり御殿」新築

1956年
  精華学園女子高校卒業

1957年
  中区若葉町に「美之寿司」(1階)「かつひばり」(2階)開店

1962年
  小林旭と結婚

1963年
  父・増吉死去。東京・上野毛(かみのげ)の新居に移転

1964年
  小林旭と正式離婚

1973年
  東京・目黒区青葉台に新居完成(2014年、「美空ひばり記念館」に生まれ変わる)

1981年
  母・喜美枝死去


東京ドームで見事な“復活公演”を成し遂げた後、満員の県民ホールで熱唱する美空ひばりさん。1987年4月に病に倒れてから1年。涙ぐましい闘病生活と不屈の精神力で不死鳥のようにカムバックした (1988年7月10日、神奈川新聞社撮影)
東京ドームで見事な“復活公演”を成し遂げた後、満員の県民ホールで熱唱する美空ひばりさん。1987年4月に病に倒れてから1年。涙ぐましい闘病生活と不屈の精神力で不死鳥のようにカムバックした (1988年7月10日、神奈川新聞社撮影)

1988年  神奈川県民ホールでコンサート

1989年
  3月、横浜アリーナのこけら落とし公演(4月17日)の中止を発表。6月24日、52歳で死去。女性初の国民栄誉賞を受賞

1993年
  横浜国際劇場の跡地近くに「美空ひばり記念像」建立

2005年
  幼少期に出演した「杉田劇場」の名を冠した区民文化センターが横浜市磯子区に開館

2009年
  没後20年に合わせ同区内に「美空ひばり生誕地記念碑」が「美空ひばりさんを愛する横浜市民の会」によって建てられた
(監修・小柴俊雄)


ひばりさんが子どもの頃に出演していた杉田劇場。劇場内にはその当時のポスターなど、ゆかりの品が展示されている=横浜市磯子区
ひばりさんが子どもの頃に出演していた杉田劇場。劇場内にはその当時のポスターなど、ゆかりの品が展示されている=横浜市磯子区


美之(みゆき)寿司


ひばりさんが経営した「美之寿司」(1957年撮影、横浜市中区)
ひばりさんが経営した「美之寿司」(1957年撮影、横浜市中区)

ひょうきんな一面もあった 板前だった鶴田さんが語る思い

 横浜市中区若葉町にあった「美之(みゆき)寿司」で板前として働いていた、横浜本牧観光協会会長の鶴田理一郎さん(81)は、「美空ひばりさんを愛する横浜市民の会」会長も務める。「大船の撮影所での撮影終了後、タクシーに乗って、ちょんまげ姿のままで店に顔を出すなど、ひょうきんなところのあるお嬢さんでした。われわれ世代は、ひばりさんの歌とともに昭和の時代を生き抜いてきたという思いを、今でも強く持っています」



美空ひばり記念像


美空ひばり記念像
美空ひばり記念像

【松葉寿し】専属歌手としての記念に

 「美空ひばり記念像」があることで知られる野毛の「松葉寿し」。銅像は横浜国際劇場の専属歌手として活躍していたことを記念して建てられた。「日本中からひばりファンが訪れます」と店主の石川善次郎さん(81)。ひばりさんの思い出として作った「ひばり御前」(3240円)が人気だという。


松葉寿し

住所 横浜市中区宮川町2の55
アクセス 京急線日ノ出町駅徒歩2分
電話 045(231)3727
営業時間 午前11時半~午後2時、同5時~10時半(土日は午前11時半~午後9時)
定休日 水曜

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


歌姫の軌跡をたどり美空ひばり没後30年を偲ぶ

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 持つ・使う・贈る喜び 文具③ 横浜限定デザインに注目

    Smith ルミネ横浜(横浜市西区)

  2. 10連休!遊び尽くそう① 思い思いの“うんこワールド”を

  3. ホッと一息 表情豊かな駅のベンチ

  4. 表情豊かな駅のベンチ④ 「黄色いベンチ」と「背もたれサポーター」

    横浜市営地下鉄

  5. 表情豊かな駅のベンチ② 使い込まれたベンチ

    JR鶴見線 鶴見駅(横浜市鶴見区)

人気タグ