かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 推し
  3. 【写経】日常に癒やしを

推し 心を込めて書く①
【写経】日常に癒やしを

  • Will Fun(横浜市中区)
  • 2019年6月1日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 「令和」が始まり1カ月。新たな時代にもアナログが持つ温かさは忘れずにいたいものです。「手で書く」ことに着目し、書の教室や雑貨店を紹介します。(1/5)



【Will Fun】手ぶらOK!20色以上の筆ペン

 赤、青、緑、黄など20色以上のカラフルな筆ペンを使う写経教室が、横浜中華街の多世代向けサロン「Will Fun」で火曜の夜間に開かれている。

 同教室は、忙しい日常の合間に癒やしの時間を過ごしてもらおうと、書道教範の伊藤紫鳳(しほう)さん(49)を講師に迎えて3月からスタート。毛筆で仕上げることもできるが、「気軽に楽しく、明るい気持ちになってもらえれば」と色付きの筆ペンも採用した。



 1回完結コースは2千円、3回コース(お茶と菓子付き)は5千円。高校生以上が対象で、男女問わず受講できる。筆ペンや用紙など道具は一式用意されているので、手ぶらで参加可能。自前の道具を持参してもいい。


講師の伊藤さん
講師の伊藤さん

 同サロン代表の堀川珠枝さん(53)は「今後は地域の高齢者や訪日外国人客向けの写経教室も展開していきたい」と意欲を見せる。


3回コースの受講者には毎回、お茶と菓子が振る舞われる
3回コースの受講者には毎回、お茶と菓子が振る舞われる

体験しました



 手本を用紙の下に敷き、透けて見える経文を書き写すこともできるので、写経初体験の筆者も安心して取り組めました。書き進むにつれ、雑念が消えて無我夢中になり、1時間があっという間でした。色選びも楽しかったです。(志)



Will Fun[ウィルファン]

住所 横浜市中区山下町244、山下町関ビル1階
アクセス JR石川町駅徒歩4分
電話 045(228)7743
営業時間 写経教室は火曜午後7時から(要望があれば昼間も開講)

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


多彩な「書」に触れて心を込めて書く

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

推しまとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. イタリアンレストラン 横浜・新山下の「TYCOON」跡地に「Re:Journal(リジャーナル)」オープン

  2. ぶらり♪街めぐり 焼き立てパン食べ放題&選べるスープ◇BRICKS STUDIO(横浜市中区)

    BRICKS STUDIO(横浜市中区)

  3. サンドイッチ sandwich and coffee me・me(相模原市南区)のサンドイッチ 毎日でも食べたい味わい

    サンドイッチアンドコーヒーミー・ミー(相模原市)

  4. コーヒー 秘密基地のようなスペシャリティーコーヒー店 みんながのみにきてくれるコーヒーやさん(川崎市高津区)

    みんながのみにきてくれるコーヒーやさん(川崎市)

  5. 季節の変わり目に朝活 海とお茶のくらし鎌倉蕾の家(鎌倉市)の朝茶漬け体験 胃も心も潤うような時が流れる

    海とお茶のくらし鎌倉蕾の家(鎌倉市)

人気タグ