かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 野菜のドレッシング

テーマ特集 県内産食材で調味料②
野菜のドレッシング

  • 大磯野菜工房(大磯町)
  • 2019年6月27日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 県内産の新鮮な野菜や果物を使った調味料を料理に添えてみませんか。サラダはもちろん、肉料理や魚料理にもお薦めです。(2/3)



【大磯野菜工房】大磯産の野菜たっぷり カルパッチョなどに

 大磯野菜工房(大磯町)の請川和博さん(63)が作るドレッシングには、刻み込んだ大磯産の野菜がたっぷり。赤タマネギ「湘南レッド」や、生で食べられるカボチャ「コリンキー」など、カラフルな色が食欲をそそる。旬の野菜を使うので、季節によって違う味が楽しめるのもうれしい。



 かつてフレンチレストランの接客係をしていた請川さんは、シェフと交流する中でさまざまな料理を覚えた。20年前に大磯へ移り住んでからは、大磯産の食材を使ったピクルスやドライフルーツを手掛け、このドレッシングにたどり着いたそう。カルパッチョやローストビーフのソースにするのがお薦めで、「野菜を食材にかける感覚で味わって」と笑顔で話す。


大磯産の食材を使ったドライフルーツ
大磯産の食材を使ったドライフルーツ

 緑の香味野菜にアンチョビー、ニンニクなどを入れたジェノベーゼ「緑のソース」も人気で、今はパクチー、ミント、クレソンと珍しい味がそろう。「温暖な大磯の、温和な人柄の農家が作る野菜とフルーツを知ってもらいたい」と呼び掛ける。

お薦め品

◇野菜のドレッシング
 (1本80ミリリットル入り) 432円 
◇緑のソース 540円 
◇バラエティーソルト 432円 
◇ドライ野菜 432円~
◇ドライフルーツ 410円~

ここで買える

 地場屋ほっこり+ONE 大磯町大磯1009。JR大磯駅徒歩1分。午前10時~午後8時(日曜・祝日は同6時)。水曜休み。☎0463(62)1488。

 大磯市 大磯町大磯1398の6大磯町漁港前。第3日曜午前9時~午後2時(7~9月は午後5時~8時半)。



大磯野菜工房

住所 神奈川県中郡大磯町大磯1009
公式HP https://ooisoyasaikoubou.jimdo.com/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


素材のおいしさ味わって県内産食材で調味料

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. みんな大好きイモとアブラ③ フライや天ぷら、手作りのおかず

    栃木屋惣菜店(横浜市南区)

  2. みんな大好きイモとアブラ④ 「アヒージョ」の専門店

    アヒージョ専門店 スプーン(横浜市中区)

  3. みんな大好きイモとアブラ② じゃがいもとひよこ豆のコロッケ、おさつコロッケ

    シラハト商店(川崎市高津区)

  4. 洋菓子店・カフェ 地元に愛されるスイートポテト

  5. ソウルフード「駅そば」② 浸して食べてもおいしい

人気タグ