かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. 産地直売
  3. むくみ、高血圧に効果的!

産地直売 イチジク
むくみ、高血圧に効果的!

  • 農家・高橋信一さん(川崎市高津区)
  • 2019年7月11日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン


 駅から徒歩10分ほど、マンションに囲まれた約千坪の畑で、農家の高橋信一さん(89)が野菜やイチジクを栽培している。

 イチジクはアラビア南部原産、クワ科の落葉小高木。「不老不死の果物」といわれるほど栄養価が高く、むくみ解消や高血圧予防に効果があるカリウム、食物繊維のペクチンのほか、老化防止のアントシアニンなど女性にうれしい栄養素も含む。

 高橋さんは、古くから続く農家。幼い頃から家業を手伝っていた大ベテランだ。妻・久子さん(83)と共に畑を守り、現在は年間30種ほどの野菜や果物を栽培している。


来年90歳を迎える高橋さん。長身でスタイルが良く、元気で年齢を全く感じさせない。「ストレス?ないね!」と笑う
来年90歳を迎える高橋さん。長身でスタイルが良く、元気で年齢を全く感じさせない。「ストレス?ないね!」と笑う

 これまで、稲作をはじめさまざまな野菜に取り組んできた。戦後間もない頃には酪農も営んでいたという。1970年代にはハナショウブの栽培を始め、2012年まで「高橋菖蒲園」として無料で開放し、地域の人々に愛されていた。

 「果物を作りたかったんだよね」と、20年ほど前から「桝井ドーフィン」という品種のイチジクを育て始めた。高温多湿を好むため日本の気候に合っているが、大敵はカミキリムシ。幹や葉の付け根に卵を産み、幼虫が木の内部を食べてしまうという。「昨年はだいぶやられたね」と顔をしかめる。年数がたった木の被害が大きいため、挿し木をしたり、場所を変えて新しい木を育成したりして対応している。

 日々、丁寧に手入れして育てた高橋さんのイチジクは甘くておいしいと評判に。今年は7月下旬から販売予定だが、すでに近隣のフランス料理店から予約が入っている。ジャムなど加工品を目にすることが多いが「少し冷やして、皮をむいてそのまま食べるのが一番おいしいよ」と笑顔で話す。

おすすめ品

イチジク
 1パック(5個前後)400円



高橋信一さん直売所

住所 川崎市高津区坂戸1の11の15
アクセス JR武蔵溝ノ口駅徒歩12分
電話 044(822)5242
営業時間 午前9時半~なくなり次第終了(日によって異なる)
備考欄 不定休

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

ここでも買える


JAセレサ川崎ファーマーズマーケット セレサモス 宮前店

住所 川崎市宮前区宮崎2の1の4
アクセス 東急田園都市線宮崎台駅徒歩6分
電話 044(853)5011
営業時間 午前10時~午後6時
定休日 水曜

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。


JAセレサ川崎青壮年部高津支部 高津直売所

住所 川崎市高津区溝口1の6の7
アクセス JR武蔵溝ノ口駅徒歩4分
電話 044(833)2221
営業時間 8月9日までの毎週月・金曜に営業(7月12、15日休み)。午前9時半~午後1時(なくなり次第終了)

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。


この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

Instagram

@imakana777

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ