かながわの「今」を楽しむ神奈川新聞の情報サイトイマカナ

  1. ホーム
  2. テーマ特集
  3. 気軽に飲んで麺をすする

テーマ特集 二つの顔 おいしさダブル④
気軽に飲んで麺をすする

  • Roto Brewery 麺や 天空
  • 2019年6月29日 神奈川新聞掲載

シェア・新聞購入ボタン

 今年も気付けば半分が過ぎようとしています。そこで一年の折り返し地点となることにちなみ、二つの顔を持つ各地の店を取り上げます。(4/6)



【Roto Brewery 麺や 天空】醸造所にラーメン店を併設

 ラーメン店が併設された、横浜市港南区初のクラフトビール醸造所。昨年5月、上大岡駅東口近くにオープンして以来、ひときわ異彩を放っている。



 クラフトビールは、その名も「上大岡ビール」(グラス310ミリリットル、700円)。ホップの香味を引き立てた物や果物を使ったフルーティーな物など、常時4種類以上がそろう。一方、名物の「鶏白湯(ぱいたん)+煮干しのラーメン」(750円)は、鶏の濃厚なうま味と煮干しの上品な風味を感じる一杯だ。太さが異なる2種類の平打ち麺にスープがよく絡み、ビールとの相性も抜群にいい。



 店を営むのは、上大岡出身の麻生達也さん(44)。きっかけは、スコットランド産のクラフトビールとの出合いだった。そのおいしさに衝撃を受け、自分でも造ろうと一念発起。より多くの人に飲んでもらおうと、幅広い層の集客が見込めるラーメン店を醸造所の“相棒”に選んだ。


醸造所を説明する麻生さん
醸造所を説明する麻生さん

 麻生さんは「街の中華料理店のように気軽にビールを飲み、ラーメンを味わってほしい」と目を細めた。



Roto Brewery 麺や 天空

住所 横浜市港南区上大岡東2の42の14
アクセス 上大岡駅徒歩5分
電話 050(1360)1069
営業時間 午前11時~午後11時
定休日 日・月・木曜
公式HP https://hachimitsu.owst.jp/

[おことわり]この情報は新聞掲載日時点での情報です。掲載日以降、内容に変更が生じる場合がありますのでご了承ください。

この記事の関連まとめ


わくわくも倍!二つの顔 おいしさダブル

この記事に関連するタグ

シェア、または新聞を購入する

テーマ特集まとめ

かながわの地域ニュースなら
「カナロコ」

「神奈川」の事件・事故、話題、高校野球をはじめとするスポーツなど幅広いローカルニュースを読むなら、地元新聞が運営するニュースサイト「カナロコ」がおすすめ。電子新聞が読めたり、便利なメルマガが届く有料会員もあります!

ニュースサイト「カナロコ」へ

アクセスランキング

  1. 古民家を改装したカフェ 小田原産の梅がほんのり香る 小田原・ニコカフェの唐揚げランチ

    nico cafe(小田原市)

  2. 紅葉&立ち寄りスポット⑤ 弥生神社のイチョウは11月半ばが見頃 御朱印帳づくりも人気

    弥生神社(海老名市)

  3. 紅葉&立ち寄りスポット③ 新百合山手中央通りで楽しむ紅葉 英国農家のランチスタイルも堪能

    新百合山手中央通り(川崎市麻生区)

  4. ステージのある店② 茅ケ崎で楽しむ歌と演奏 参加型ライブハウス

    BOTCHY BOTCHY(茅ケ崎市)

  5. 紅葉&立ち寄りスポット② 鎮守の杜レストランKoyoで見る紅葉 洋食や名物の「八福餅」と一緒に

    鎮守の杜レストラン Koyo(寒川町)

人気タグ